【例文あり】一言で印象に残る自己PRに!NG例からポイントを学ぼう

就職面接において高確率で問われる自己PR。「何をアピールすべきかわからない」とか、「うまくまとめられない」と悩む方も少なくないのではないでしょうか。
自己PRは自分をセールスできる絶好の場ですから、単なる自己紹介で終わってはもったいないです。自己PRを自分自身の評価に最大限繋げるために知っておきたい、自己PRで陥りやすい間違いや抑えておくべきまとめ方のポイントを、例文を交えて紹介していきます。

「自己PRをしてください」そもそも面接官の意図とは

1. その会社で活躍できるだけの能力があるか知りたい

理由の1つ目は、学生の能力を知りたいということ。
例えば、商社であれば交渉力や管理力が必要ですし、コンサルタント業であれば、論理的な考え方ができるかということが重要です。アピールの内容から、その会社で求める能力にマッチする人材かどうかを判断されるわけです。

また、このように業界ごとにあった能力の他に、どの企業も重要視しているのが、困難に対する対処能力・メンタル耐性です。能力のある学生であったとしても、困難に面した時、冷静に現場を分析できず効果的な対処ができなくなり、結果的に自分を壊してしまうタイプの人も中にはいます。いくら地頭がよくてスキルがあっても、メンタルの弱い人は、企業も採用することを躊躇してしまいます。

企業毎にあった能力をアピールするのも大切ですが、困難に直面した際にどの様に立ち向い、乗り越えたのかなどのエピソードを交えてメンタルの強さもアピールするのがよいでしょう。

2. 長所が企業にとって有益かどうかを知りたい

同じような長所でもその内容にはレベルがあります。エピソードを訊くことで、学生の長所がその企業にとっても役に立つレベルのものなのかを判断したいというのが2つ目の理由です。長所を使って何らかの成果をもたらしたり、問題を解決に導いたというエピソードが期待されているのです。

3. 会社の事をどれだけ調べているか知りたい

2.に関連するのですが、学生が長所をPRしたとしても必ずしも会社の利益に直結しないこともあります。学生が会社の事を調べ上げ、面接官に「この子を採用しなくては会社の損失だ!」と思わせるくらい、心に響かせるPRができるかどうか?を見ています。(例:どの様な点に会社として力を入れているのか?来年度以降の会社の方針ではどの様な地域・国に力を入れるのか?など)

また会社の方針を調べる調べることで、自分の考えている自己PRがきちんと企業の向いている方向性と合っているかがわかります。例えば、「フランス語が得意でフランス語を仕事に活かすことができます!」とPRしても、会社の売り上げ比率が100%国内向けだとしたら、面接官が響くPRになりませんよね。

f:id:hito-contents:20170725154314j:plain

やってしまいがちな自己PRのNG例

「自己PRをどうぞ」と言われた場合、どのように話を切り出しますか?

「私の長所は、コツコツと努力を重ね、最後まで粘り強く目標達成ができるところです。」
「私は、人をまとめ、一人一人に気配りをしながら同じ目標へと統率することができる、リーダーシップを取れる人間だと自負しています。」

上の2例はNG例です。あれ?同じようなことをしゃべっているぞ…。という方も少なくないのではないでしょうか。
上記の自己PRのどこが問題かというと、アピールポイントを詰め込みすぎて、印象が散漫になってしまっているというところです。頑張ってきたことをできるだけ全部伝えたい!そんな情熱が空回ってしまった悪例です。
もう1度例文を読み返してみてください。1番アピールしたいポイントがどこなのか、よくわかりませんよね。これでは、面接官にインパクトを与えて印象を残すことはできません。

ではどうするのがいいのか見ていきましょう。

何事もまずは一言で表現!面接官に覚えてもらいやすいPRに

「“〇〇”という価値観を重視してきました」

「“〇〇力”を活かして、学生時代は~~に取り組んできました」

など、〇〇の部分だけが相手の印象に残るように話すことが大切です。そのためには、自分のウリを集約した一言を見つける必要があります。1つの言葉にポイントを置いて簡潔に語り出すことで、面接官の記憶に残すことができるのです。
また、語り出しの印象は全体の印象を大きく左右するものです。シンプルな語り出しに好印象を抱く面接官は多いと思います。

面接官の気持ちになって考えてみてください。1日に数十人の面接をする場合もあり、同じような設問を繰り返しているのです。多くの学生が同じようなアピールをするのを聴き続け、疲れたり集中力が途切れてしまうことだってあります。前項に挙げたような複数のポイントを列挙するアピールのしかたをしても、聞き流す耳になってしまっている可能性が大きいのです。

まずは結論から。自分をアピールしきるためのポイント

1. 主張→根拠→具体例の順で

まずは、アピールしたいポイントから伝えます。「私の強みは○○です」と、自分の強みをシンプルに伝えましょう。
その次に、「○○を活かして~をした」と、アピールの根拠になるエピソードを話します。
続いて、能力がどのように活かされ、どのような結果を得られたのかを伝えましょう。

2. 具体的に話す

エピソードは、あなたを知らない相手にも伝わるように、具体的に話しましょう。単に「困難だったが成功した」というだけでは不十分です。

~に取り組んだ → 課題の解決には~が必要だと考え実行した → ~という成果が出た

という風に順序立てて話すと、具体性を持たせながら分かりやすく伝えることができます。 また、話す際はくれぐれも面接官に分かる単語に置き直してください。よく学生の面接時にあるのが、自分たちでしか使っていない用語を使う事です。例えばテニスサークルの事を「テニサー」と言ったり、キリスト教の授業の事を「キリ教」と略したり。面接官の知識と皆さんの知識のレベルを合わせる様に、言葉を選んで話してください。

3. 未来への展望を話す

面接官は学生の能力が「会社の役に立つかどうか」をチェックしています。

「御社の業務内容を関係の諸先輩方にお聞きした所、◯◯が大事とお聞きしました。その御話から、私の長所である△△が御社に多少なりとも貢献できると思っています。」というアピールを盛り込むことで、自分を雇えば得になると伝えましょう。

ポイントに沿った自己PRの具体例

それでは、これまでの話を踏まえて例文を見てみましょう。

例文

私の強みは誰にも負けない集中力です。
15年間書道を習っており、大学では、333mm×242mmサイズの紙に1000文字を書く作品を毎月1つ作成してきました。一画でも気を抜いてしまうと全体のバランスが崩れるため、1字1字に全神経を集中させました。時には九割方、完成していたのですがあと一歩という所で失敗して、一からやり直す事もありました。これらを乗り越え、作品を完成させたことで自信がつき、昨年には師範の資格も頂くことができました。
私は書道を通して、心を落ち着けて集中する力や、1つのことに継続して取り組む根気強さを培いました。この集中力と根気強さを活かし、どんな問題が起きても解決するまで諦めず、問題がクリアになるまで集中して取り組んで御社に貢献して参ります。

 

「アピール → 根拠 → 具体的エピソード」の順に整理されているので、内容が掴みやすいですよね。エピソードも問題把握~解決~成果でまとめられていて分かりやすいと思います。

また、長所を会社でどう活かすかがしっかり書かれていることで、よりイメージしやすく説得力が感じられたのではないでしょうか。

順序だてて話せるよう万全の準備を

自分の良い所を売り込むって何だか難しそうに思えますが、ポイントさえ押さえれば、少なくとも伝えたいことはしっかりと伝わるPRができるはずです。何を質問されるか分からない就職面接の中で、自己PRは必ずといっていいほど訊かれる鉄板の質問。万全の対策をして、自信をもって臨んでくださいね。

 

f:id:hito-contents:20170727142104p:plain

監修:wtwtw21

・東証一部上場メーカー(従業員数:2万人以上)にて新卒・中途採用の採用業務を担当。新卒・中途採用では、高校・大学・就職活動イベントでの会社プレゼン、書類選考、面接官(1000人以上の学生と面談)を経験。
・会社以外では大学在籍時、就職活動支援サークルにて後輩の就職活動を支援。就職後も学生の就職活動を支援中。