例文で学ぼう!採用担当者を惹きつける志望動機の書き方とは

就活生にとって志望動機は誰もが苦戦することでしょう。しかし、採用担当者は志望動機を読み、あなたという人物をイメージします。「この人と会ってみたい」と思わせるような魅力的な志望動機の書き方について、例文を交えて紹介します。 

志望動機を書く前の準備も入念に!

・志望する企業に入社したい理由を見つけよう

目指している業界で、数多くある企業の中からたったひとつを選んだ、という「理由」を準備しておきましょう。 これから入社して、その企業で働く意思を伝えるためには、応募先の企業の情報をしっかり調べておく必要があります。さらには、その業界を目指す理由も明確にしておくと、よりイメージがわきやすいでしょう。

・情報収集は身近なところから

企業のサイトから情報収集するのは当然のことですが、自らの足で稼いだ情報ほど役に立つものはありません。採用担当者は、どこで仕入れた情報かまでしっかりと見抜く力を持っています。ただ単にホームページからコピペした理念や概要に、果たして共感してもらえるでしょうか。OBOG訪問やその企業が取り扱っているツールの研究等を通じて、「同業他社と比較したうえで魅力に感じる部分」など、自分の考えで答えが出せるような情報を集めておくことをおすすめします。

・自己分析をしておこう

就活には自己分析をしておくことをキャリアセンターなどでも言われていると思います。大きな理由のひとつに自分を知るためだということは周知の通りです。
自分を知ることによって、「企業側が求める人物にマッチしているか否か」を明確にすることができるのです。
いくら企業に魅力を感じて志望動機を書いてもそこで働く自分をイメージできていないと訴求力も半減してしまいますよね。
自己分析をする方法のひとつに、生まれてからの出来事を書き出す「自分史」があります。幼い頃から変わらない、自分の根本的な人柄を比較的手軽に知ることができるため、自分の長所・短所がわからないという場合はやってみると良いでしょう。

 

f:id:hito-contents:20170721162736j:plain

出典:写真AC

 

採用担当者が志望動機でチェックしている点とは?

・志望動機は読みやすさが基本!

採用担当者も数多くの履歴書に目を通さなければなりません。いくら素晴らしい志望動機が書けたとしても、それを手に取って読んでもらえなければ意味がないのです。まずは簡潔に書くために、自分の思いだけをぶつけるのではなく、読み手にわかりやすいかどうかを注意して書きましょう。例えばPREP法なんかを意識して書くのも良いでしょう。PREP法とは文章の組み立て方のひとつで、PREPはそれぞれ結論(Point)、理由(Reason)、例(Example)、結論(Point)を意味し、この順番で記述すると自分の考えが読み手に伝わりやすくなります。

・あなたがその会社で何ができるのか

志望動機は、「入社したい!」という小手先の意気込みだけでは絶対的に通用しません。企業がどんなことに取り組んでいるのかを知り、さらにそこで自分がどんな風に働くことができるのかを相手に想像させなければならないのです。そのためには「そこで何ができるのか」を具体的に書く必要があるのです。

・あなたの志望動機に共感できるかどうか

志望動機を熱心に書いていれば採用担当者の目に必ずとまるとは限りません。採用担当者にとって、あなたの志望動機の内容が「共感できるか」がとても大切です。見当違いの内容や浅い志望動機には共感心も生まれません。この人と一緒に働くことが想像できないな…という印象を与えてしまうことにもなりかねません。

「新しいアイディアを出すことが得意で、学園祭では自分の考案した露店が大繁盛しました。そのため、企画職に就いて売れる商品を数多く生み出したいです。」というように、初めて話を聞く人でも、自分の強みと志望している業界・職種のつながりを理解し、共感できる内容にしましょう。

・自分の言葉で書いているかどうか

色々な人に添削をしてもらうことは大切かもしれませんが、何が正しいのかわからなくなってしまいます。自分が本当に良いと思ったことを信じて書いてください。添削者同士の否定合戦になってしまいます。
しかも年配方や添削のプロに見てもらうと、本当に自分が伝えたいことから逸れた内容になってしまいがちです。
採用担当者は本人が考えて書いていない文面は必ず見抜いてしまいます。
学生らしいフレーズやフレッシュな言葉を、「あなたらしさ」としてちゃんと受け止めてくれる寛容な気持ちも、採用担当者はちゃんと持ち合わせているのです。

 

志望動機には具体的な将来像を盛り込もう

・具体的な将来像を盛り込むには?

就業経験のない学生におすすめの志望動機の例文をご紹介します。実習などで実際の職場体験をしていればそれを書くに越したことがありませんが、そのような機会を得るのもなかなか難しいことが多いです。そういう場合は、業界に詳しい人や実際にその職種に就いている人の話を聞いて自分に置き換えるということをやってみましょう。志望動機の信頼性が高まります。
おすすめなのはOBOG訪問です。先輩や教授のつてをたどったり、大学のキャリアセンターなどを活用したりして、OBOGに連絡をとり、その人がどういう想いで仕事をしているのか等を聞いてみましょう。その上で、聞いた内容と自分のやりたいこと・実現したいことなどをリンクさせることで、初対面の採用担当者にも伝わる志望動機を作ることができます。

例:

私が営業職を志望した理由は、サービスを届ける相手の笑顔を目の前で見ることができるからです。私はもともと、自分の考えたアイディアで人々を笑顔にしたいという想いがあり、企画職を志望しておりました。
しかし、貴社で営業職に就いておられる〇〇様にOB訪問をした際、「営業の醍醐味は売上を作ることよりも、自分の提案でお客様に喜んでいただけることにある」というお話を聞き、貴社の理念である「商品の先に、お客様の笑顔を作る」を体現した姿勢に感銘を受けると同時に、営業職に強い魅力を感じました。もし貴社に営業職として採用されることが叶いましたら、初めのうちは先輩の同行などを通じて自分から学びの機会を作り、お客様が喜ぶ提案のできる営業マンにいち早くなれるよう努力いたします。
また、将来的には私も〇〇様のように、お客様から「〇〇さんだからお願いしたい」と言っていただける存在となり、貴社に対してはもちろん、社会全体に貢献できるようになりたいと考えております。

・なぜ具体的な将来像が必要なのか

採用担当者はあなたがその職種に相応しい人物かどうか見極めようとしています。将来的にどう成長してくのか、またそのためにどのような努力をしていくのかを具体的に明記しておきましょう。上記の例では、先輩から学ぶ姿勢と、営業職に必須である顧客への貢献意識が、「ひとりの営業職の社員」を形成していくことを学生らしい自分の言葉で書いています。志望動機には、「私は職種のことをちゃんと調べました」という暗黙のメッセージも含まれているのです。

・具体的な将来像には「企業理念」も直結させよう

四季報や企業の公式サイトなどでも理念や信条は記載されています。代表取締役の言葉も時には目にすることもありますが、雑誌のインタビューやコラムを書かれる社長も多数いらっしゃいます。そこには企業成長や将来的なビジョンが必ずと言っていいほど書かれていることが多いのです。自身が社長の目線で考えたビジョンや、組織の中で与えられたミッションをどう活かしていくかなど、自身のキャリアを少しだけ盛り込むとより伝わりやすくなりますよ。

 

説得力のない志望動機は熱意が伝わりにくい

・自分本位な志望動機は見抜かれてしまう!

採用担当者が口をそろえて言うこと、それは「自分本位」なことばかり書いている志望動機は印象が良くないということなんです。下記のNG例で検証してみましょう。そして、自身の志望動機を再度読み返してみましょう。あなたが採用担当者だったら自分を採用するかどうか?今一度考えてみましょう。

NG例:
私が損害保険業界を志望したきっかけは、私の家が大地震で損壊した際に、査定に立ち会ってくださった保険会社の方がとても思いやりのある方だったことです。貴社でならこのようなビジネスマンとして自分が成長できると思ったので応募しました。貴社の理念である「お客様に笑顔と安心を」はまさに私が求めている理想の社会人の姿だと感じました。お客様満足度において業界No.1を掲げる貴社に入社した際には、自身の強みを最大限に活かすことができるよう頑張りたいと思います。これからの時代はグローバルな人材を求められる業界と言われているので、5年後10年後に向けてスキルアップして参ります。

NGポイント1:自己成長メイン

企業はあなたが成長すること自体を願っているわけではありません。ましてや企業と共に成長なんておこがましいと捉えられる場合もあります。企業にとって社員の成長はもちろん大切ですが、なぜ大切かというと、その先に業績を上げなければいけない大きな課題(ミッション)があるからなのです。ミッションを果たすために人材育成に時間とお金をかけ、企業は必死で戦っているのです。自分自身の成長だけでなく、成長することで企業のためにどういう貢献ができるのかを考えて書きましょう。

NGポイント2:「誰かのために役に立ちたい」という視点が抜けている

説得力のある志望動機を作るためには、「誰かの役に立ちたい」という視点が必要です。もちろん自分がどのようにして頑張るかはとても重要ですが、そこには相手の立場なり相手のニーズにどう応えていくか、ということが前提としてあることが重要となるのです。自分がどうあるかよりも相手にとって自分がどうあるべきなのかという視点で考えてみましょう。

共感性と説得力を意識して志望動機を書こう

志望動機とは、面接に進むための言わば「通行証」みたいなものなのです。あなた自身がいくら魅力的な人物であっても、自分を上手にプレゼンテーションできなければせっかくの「通行証」も無駄になってしまいます。採用担当者の琴線に触れるよう、採用担当者に共感してもらえるかどうか、説得力があるかどうかを意識して書いてみてくださいね!

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20170727161346p:plain

著者:川戸さん

キャリアコンサルタント技能士
大学卒業後、外資系人材系コンサルタント企業にて20年勤務。その後公的機関にて学生の就職支援に従事。就活セミナーなど登壇件数年間100本こなす。内定成約数ほぼ100パーセント、学生からの圧倒的支持を受け「通る履歴書」をモットーに自己研鑽も忘れない。
社会人1年生の子ありのアラフィフ。