キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

就活のやり方やスケジュールは?必要な準備と秋からでも成功させる方法をご紹介

就活のやり方やスケジュールが分からないという方は多いのではないでしょうか。この記事では、就活のやり方のスケジュールを始め、就活の流れや必要な準備、秋からのスタートでも成功させるやり方もあわせて紹介していきますので、ご興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

「就活のやり方のスケジュールはどうなっているの?」
「就活の流れが知りたい」
「就活に必要な準備ってどんなのがあるの?」

 

このような疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。就活のやり方やスケジュールはどのようなものなのか知りたい方もいるでしょう。

 

この記事では、就活のやり方のスケジュールを中心に紹介していきます。また、就活の流れや、就活前に必要な準備、秋からのスタートでも成功させるやり方もあわせて解説していきます。

 

この記事を読むことで、就活のことが分からない方でも理解できるようになるでしょう。これから就活に臨もうとしている方やご興味がある方は、就職を成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

就活のやり方やスケジュールは?

出典:PIXTA

就活のやり方は、主に4つに分類することができ、「自分を知ること」「企業を知ること」「自分を磨くこと」「自分を伝えること」に分けられます。これらをさらに細かく分類したものを詳しく後述していくため、参考にしてください。

 

また、就活のスケジュールは基本的に3月頃から採用情報が解禁され、6月頃から選考が始まっていきます。

就活の流れ9選

出典:PIXTA

就活の流れが知りたいという方もいることでしょう。ここからは、就活の流れを紹介していきます。前述した就活のやり方の1つである「自分を知ること」に分類される「自己分析をする」を始めとした9項目をピックアップしていきます。

 

就活の流れ9選についてご興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

  • 自己分析をする
  • 業界分析をする
  • 企業研究をする
  • 試験や面接の対策をする
  • 応募書類を書いて用意する
  • エントリーする
  • 就職試験を受ける
  • 選考される
  • 内定を受ける

1:自己分析をする

就活の流れの1つ目は、「自己分析をする」です。

 

自己分析は、就活をする上で非常に重要なことと言えるでしょう。自己分析をすることで、自分がどういった仕事に就きたいのか、自分の価値観、強みや弱みなどが明確になります。

 

自己分析をしっかり行わないと企業研究などをしても、自分が何をしたいのかが分からなくなる可能性があるため、注意しましょう。

 

どうしても自己分析ができないという方は、自己分析ツールや他己分析などを試してみてください。

2:業界分析をする

就活の流れ2つ目は、「業界分析をする」です。

 

業界の全体像や動向などが知りたいという方も多いでしょう。さまざまな業界がありますが、どれも仕事内容は異なってきます。

 

そのため、業界分析をすることでどのような業界があるのか、どのような仕事があるのかが明確になるのです。

 

また、研究した業界はどの位置付けにあって、どのような企業が市場を占めていて、売り上げがどのくらい出ていて、といったことまで研究するとより良いでしょう。

3:企業研究をする

就活の流れ3つ目は、「企業研究をする」です。

 

自己分析の結果を踏まえて、気になる企業を何社かピックアップしていきます。1社だけではリスクが高い傾向にあるため、まずは数社に絞ると良いでしょう。

 

企業研究をすることで、どのような企業なのかだったり、働き方だったりを知ることができます。そのため、なるべく多くの企業情報を集めることをおすすめします。

4:試験や面接の対策をする

就活の流れ4つ目は、「試験や面接の対策をする」です。

 

就活における試験や面接には、WebテストやSPI、グループディスカッションなどの基礎能力を測るものが挙げられます。企業側が求める最低限の能力が必要ということでしょう。

 

また、これらの対策としては、試験の種類や内容からまずは確認し、どこを重点的に対策するかを決めたり、グループディスカッションの練習ができるイベントに積極的に参加したりすることが大切です。

5:応募書類を書いて用意する

就活の流れ5つ目は、「応募書類を書いて用意する」です。応募書類であるエントリーシートや履歴書で大切な項目は、自己PRと志望動機と言えるでしょう。

 

自己PRでは具体的なエピソードもあわせて伝え、志望動機はなぜこの企業でなければならないのかという理由を詳しく記載することをおすすめします。

6:エントリーする

就活の流れ6つ目は、「エントリーする」です。

 

応募書類が書けたら、次はエントリーをしましょう。エントリーとは、企業側に興味があるという意思表示をすることで、選考スケジュールなどの必要な情報を得るための行為であり、応募することとは違うため注意が必要です。

 

また、近年では応募する際に必要なエントリーシートや履歴書をWebで提出することが増えているため、念頭に置いておくと良いでしょう。

7:就職試験を受ける

就活の流れ7つ目は、「就職試験を受ける」です。

 

就職試験では筆記試験から始まることが多く、その後に個別面接や集団面接、グループディスカッションなどが行われていきます。

 

就職試験はさまざまな種類がありますがしっかりと対策を練り、本番に臨みましょう。

8:選考される

就活の流れ8つ目は、「選考される」です。

 

選考における面接では想定外の質問が飛んでくる可能性もあるため、落ち着いて自分の考えを伝えられるかが重要なポイントと言えるでしょう。

 

また、最終面接を受ける時点で内定が決まっているという場合もありますが、最終面接で判断されることもあるため、油断しないことをおすすめします。

9:内定を受ける

就活の流れ9つ目は、「内定を受ける」です。前述したすべての選考を通過できれば内定となります。

 

しかし、内定を受けた場合でも正式な決定ではないため、「解雇」という形で内定が覆される可能性があります。

 

「解雇」には、客観的で合理的な理由がなければならないと労働契約法で定められているため、内定取り消しの連絡がきた場合は、企業側に理由を確認すると良いでしょう。

 

出典:労働契約法 第十六条|e-Gov法令検索
参照:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=419AC0000000128

就活前に必要な準備7選

出典:PIXTA

就活の前に必要なものが気になるという方も多いでしょう。ここからは、就活前に必要な準備7選を紹介していきます。今回は、「リクルートスーツを購入する」を始めとした7項目をピックアップしていきます。

 

就活前に必要な準備7選についてご興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • リクルートスーツを購入する
  • 就活専用のメールを作成する
  • 証明写真を撮る
  • 身だしなみを確認する
  • マナーを勉強する
  • 必要な資格があれば取得する
  • 社会人とつながりを持つ

1:リクルートスーツを購入する

就活前に必要な準備の1つ目は、「リクルートスーツを購入する」です。

 

リクルートスーツは、証明写真を撮るときにも使用するため、就活前に準備しておきましょう。また、黒や紺色の無地で自分の体に合ったリクルートスーツを選ぶことをおすすめします。

2:就活専用のメールを作成する

就活前に必要な準備の2つ目は、「就活専用のメールを作成する」です。

 

就活をするときに採用担当者とメールでやり取りをすることもあります。プライベートのメールアドレスと一緒にすると情報が混雑してしまうため、しっかりと分けることで大切な情報を見逃すということもなくなるでしょう。

 

また、迷惑メールフォルダに受信されないように設定することをおすすめします。

3:証明写真を撮る

就活前に必要な準備の3つ目は、「証明写真を撮る」です。

 

エントリーシートや履歴書の提出は、一般的に就活解禁日からと言われています。就活に使用する証明写真は基本的に3ヶ月、または6ヶ月以内のものとされているため、大学3年の2月頃に撮ると良いでしょう。

 

しかし、就活解禁日の前後は写真館の予約が取れない可能性もあるため、注意することをおすすめします。

4:身だしなみを確認する

就活前に必要な準備の4つ目は、「身だしなみを確認する」です。

 

就活における身だしなみで意識することは、清潔感でしょう。男性の場合は、髪色を黒にして耳周りが出るぐらいの短髪にしたり、女性の場合はすっぴんではなくナチュラルなメイクを心掛けたりすることがおすすめです。

5:マナーを勉強する

就活前に必要な準備の5つ目は、「マナーを勉強する」です。

 

選考が進むにつれて、企業とメールや電話でやり取りすることも増えてくるでしょう。そのようなときに大切なことがマナーです。マナーが選考に影響することも考えられるため、マナーを勉強すると良いでしょう。

6:必要な資格があれば取得する

就活前に必要な準備の6つ目は、「必要な資格があれば取得する」です。

 

就活をする際に、資格を持っていればアピールポイントになります。しかし、資格であれば何でもいいというわけではないため、しっかりとその企業に必要な資格を調べて取得すると良いでしょう。

7:社会人とつながりを持つ

就活前に必要な準備の7つ目は、「社会人とつながりを持つ」です。

 

OBやOGの訪問以外にも社会人とつながりを持つことをおすすめします。社会人とつながりを持つことで、社会人の話を聞くことができ、社会人の視点を持つこともできるため、志望動機などに説得力が増す可能性もあるでしょう。

秋からのスタートでも成功させるやり方4選

秋からのスタートでも間に合うのか不安な方もいることでしょう。ここからは、秋からのスタートでも成功させるやり方を紹介していきます。今回は、「計画を立てて一度に全部を完璧にしようとはしない」を始めとした、4項目をピックアップしていきます。

 

秋からのスタートでも成功させるやり方4選についてご興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 計画を立てて一度に全部を完璧にしようとはしない
  • インターンシップに参加する
  • 就職エージェントを活用する
  • 就職イベントに出席する

1:計画を立てて一度に全部を完璧にしようとはしない

秋からのスタートでも成功させるやり方の1つ目は、「計画を立てて一度に全部を完璧にしようとはしない」です。

 

時間には限りがあるため、一度に全部を完璧にしようとすることはおすすめできません。説明会などさまざまな活動を行っていくことで自分の軸が決まることもあるでしょう。

 

そのため、しっかりと計画を立てて就活解禁日を目安に方向性を定めることをおすすめします。

2:インターンシップに参加する

秋からのスタートでも成功させるやり方の2つ目は、「インターンシップに参加する」です。

 

インターンシップに参加することは大切ですが、目標を立てるなどをしないと時間を無駄にしてしまう可能性があります。

 

そのため、その企業について何が知りたいのかなどを明確にして、必ず1つは収穫を得るなどの目標を立てることで、意味のあるインターンシップになることでしょう。

3:就職エージェントを活用する

秋からのスタートでも成功させるやり方の3つ目は、「就職エージェントを活用する」です。

 

就職エージェントは、面接対策を行ってくれるなどさまざまなサポートをしてくれるため、おすすめな選択であると言えます。チャンスを掴み取るためにも積極的に活用するのが良いでしょう。

4:就職イベントに出席する

秋からのスタートでも成功させるやり方の4つ目は、「就職イベントに出席する」です。

 

就職イベントに出席することで、思いもしないきっかけを得られることもあります。秋からのスタートは、どうしても焦りやすくなってしまいますが、就職イベントは色々なところで行っているため、思い切って出席してみるのも良いでしょう。

就活のやり方を知り就職を成功させよう

出典:PIXTA

この記事では、就活のやり方やスケジュールを中心に紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

就活のやり方やスケジュールにご興味がある方は、就活のやり方を知り就職を成功させるためにも、この記事を参考に就活に活用してみてください。

楽天みん就

楽天みん就

就活に関するお役立ち情報を発信します♪