キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

【新卒就活】狙い目のBtoB企業はどうやって企業研究を進めるべき?

就活の際、BtoC企業のように知られていないBtoB企業は、どうやって見つけ、どうやって企業研究を進めればいいのでしょうか?ここでは、BtoB企業について詳しく解説します。企業の将来性を見極めるコツも参考にしてください!

BtoC企業とBtoB企業の違いとは

まず、「BtoC」企業と「BtoB」企業を正確に理解しましょう。

BtoC企業とBtoB企業の違い

BtoCとは「Business to Consumer」の略。つまり、BtoC企業とは、企業(Business)から一般消費者(Consumer)に向けたビジネスを展開する企業のことです。一般消費者を対象にしているため、広告などで企業名も知られている場合が多いでしょう。

BtoBとは「Business to Business」の略。BtoB企業とは、企業(Business)から企業(Business)に向けたビジネスを展開する企業です。例えば、一般消費者向け商品を製造する過程で必要になる部品を取り扱う、機械や鉄鋼などのメーカーはその典型でしょう。企業間取引になるため、一般的にはあまり知られていないかもしれません。また、商社、物流、経営コンサルなども企業へ向けたサービスになるので、BtoB企業です。

BtoC企業よりもBtoB企業のほうが市場規模が大きい

BtoC企業とBtoB企業の違いは、ビジネスを展開する相手が「企業」か「一般消費者」かということ。BtoC企業は一般によく知られていますが、実際に日本経済で重要な役割を果たしているのはBtoB企業です。なぜなら、BtoCとBtoBの市場規模は大きく異なるからです。経済産業省の報告によると、2017年のBtoCの市場規模は16兆5054億円で、BtoBの市場規模は317兆2110億円でした。

参考:
経済産業省 報告書
https://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001-2.pdf

出典:写真AC

なぜBtoBが狙い目なの?