キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

日本郵船の年収はいくら?新卒初任給と年収推移をご紹介

国際的でスケールの大きな業務に携わることができる海運業界。グローバル志向の就活生には、商社と並び人気です。ここでは、海運業界の大手「日本郵船」を志望企業の一社としている就活生に向けて、初任給や年収などの情報を紹介します。

日本郵船株式会社の初任給

130年以上の歴史を誇る日本郵船株式会社は、海・陸・空の輸送を通じて「モノ運び」をする総合物流企業グループです。あらゆる船種を展開しながら、物流で世界経済の発展や人々の生活向上を支えています。事業の柱は、定期船事業や物流事業などの「一般貨物輸送事業」、エネルギー輸送や自動車輸送などを担う「不定期専用船事業」、不動産業などの「その他の事業」の3つ。世界23港にターミナル拠点を有し、物流事業拠点は世界45ヵ国に点在しています。(※日本郵船HP参照。2020年2月時点)

それでは早速、日本郵船の初任給を見てみしましょう。

院卒/大卒 月額21.4万円(2018年4月実績) 予測年収314.6万円

※月給は日本郵船の採用ホームページを参照
※陸上職事務系・陸上職技術系・海上職ともに同額
※年収は月額基本給12ヵ月分、ボーナス(日本郵船はボーナス平均支給額非公開のため、日本経済団体連合会『2018年夏季・冬季 賞与・一時金調査結果』より、運輸・通信業の非管理職平均冬季2.7ヵ月分)を内訳とする
※残業代、各種手当(住宅手当、通勤手当等)は計算外とする

新卒1年目の予測年収は、314.6万円となりました。日本船舶では、職種に限らず初任給が同額となっています。

▽日本郵船の採用情報はこちらからチェック!
日本郵船の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:Pixta

日本郵船の予測年収【20代】