キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

早期内定の取り方を徹底解説!早期選考に乗る方法とは?

インターンを探している学生の中には、「早期内定」や「早期選考」を意識しているかもしれませんね。ここでは、早期内定や早期選考のメリット・デメリットだけでなく、早期選考に乗る方法や早期内定の取り方までまとめてご紹介します。

そもそも早期選考・早期内定とは

最初に、早期選考・早期内定について、おさらいしておきましょう。

早期選考・早期内定とは

早期選考とは就活ルールとされていた3月の解禁前に選考を行うこと。その選考で出された内定を早期内定と呼びます。
経団連に加盟していないベンチャー企業や外資系企業などが解禁前に選考を開始することもあり、経団連は2021年春入社の学生から、従来の「採用活動に関する指針」を廃止。経団連加盟企業は足並みをそろえて、しばらくは従来の「3月情報解禁・6月選考開始/内定」という就活スケジュールに則ることを表明していますが、今後は早期選考・早期内定が加速するかもしれません。
企業が早期選考を行ったり早期内定を出したりするのは、早期に行うことで「優秀な学生を確保する」ことが狙いです。

学生にとっての早期選考のメリット

・気持ちに余裕ができ、自信がつく
内定をひとつでも取っていれば気持ちに余裕ができ、この余裕がその後の就活を有利にしてくれます。つまり、「内定が1社も出ないかも」という不安を持つことなく、就活に挑めるということ。面接でも必要以上に緊張することがなくなるでしょう。もちろん、「すでに内定を受けている」という事実が自信になり、面接官には「優秀そう」と判断されるかもしれません。

・本命企業に集中できる
内定が1社あることで、「滑り止め」となる企業に応募することは不要になるため、志望企業を一気に絞り込むことが可能。要するに、効果的かつ集中的に就活を進められるようになります。

・就活を早く終えられる
もし早期内定を受けた企業が第一志望の企業であれば、さっさと就活を終えることができます。

学生にとってのデメリット

・安心して努力しなくなる
デメリットはほとんどありませんが、早期内定を受けたために安心して努力しなくなるかもしれません。第一志望以外にも、今後良い会社と出会うかも知れません。貪欲に就活に向き合うことを忘れずに!

出典:写真AC

早期内定が取れる業界・企業