キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

年収はどれくらい上がる?ライオンの新卒初任給と年収推移をご紹介

企業選びにおいて、年収は気になるポイントのひとつ。初任給は就職情報に載っていても、入社数年後にどの程度年収が上がるのかは見えづらいものです。この記事ではライオンの年収予測や待遇、求められる人材について紹介していきます。

ライオンの初任給

歯ブラシ市場では国内首位、トイレタリー領域では3位を誇るライオン。近年は大人用の虫歯予防歯磨き粉など、高単価商品を中心に成長を続けています。また、解熱鎮痛薬『バファリン』などの薬品や、電気・電子用品なども展開しています。

海外事業においては、東南アジアで順調に売上・利益を拡大。反面、中国事業は売上停滞が課題となっています。全体的には、4期連続で営業利益が最高益を更新するなど好調と言えるでしょう。

参照元(2019年8月5日時点):
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4912/tdnet/1674912/00.pdf
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/profile/?code=4912.T

そんなライオンの初任給を見てみましょう。

ライオンの初任給

・学部卒 月給232,030円、予測年収358万円
・修士卒 月給250,940円、予測年収387万円
・博士卒 月給263,580円、予測年収407万円
※2019年1月時点

※月額基本給12ヵ月分、ボーナスの1/3を内訳とする
※ボーナスは月給の何ヵ月分に相当するかを算出するため、平均年収783万-ボーナス平均支給額239万=544万。544万÷12ヵ月=45.3万円を月額給与と仮定。239万÷45.3万=5.2ヵ月をボーナス支給額と仮定する(平均年収およびボーナス平均支給額は『就職四季報・総合版 2020年版』より)
※残業代、各種手当(住宅手当、通勤手当等)は計算外とする

新卒1年目の予想年収は学部卒338万円、修士卒366万円、博士卒384万円となりました。ライオンは3月、6月、12月の3回ボーナスが支給されていますが、1年目の場合、一般的には夏のボーナス査定期間内に在籍していないため、ボーナス支給は2回として算出した数字になっています。

▽ライオンに関する採用情報はこちら
ライオンの新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:fotolia

ライオンの予測年収【20代】