キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

身振り・手振りは面接で有効?プラスの印象を与えるコツまとめ

一生懸命に話すあまり、面接で身振りや手振りが大きくなる人がいますが、面接官にはどのような印象を与えるのでしょうか。身振りや手振りが就活の面接で有効なのかを解説するとともに、プラスの印象を与えるコツもご紹介します。

身振り・手振りが大きい人の特徴

まず、身振り・手振りが大きい人の特徴を見ていきます。自分に当てはまるかどうか確認しましょう。

自分の意思を正しく確実に伝えたい

誰もが「自分の意思を正しく確実に伝えたい」と考えますが、身振り・手振りが大きい人はその思いが強いのかもしれません。通常、伝えたいことが明確にあり、それを伝えられるだけの情報や自信がある場合、身振り・手振りをあまり必要とはしません。そうではない場合だと、「自分の意思を正しく確実に伝えたい」と言う気持ちが強いあまり、不足している知識や自信などを身振り・手振りで補おうとしてしまうのです。

感情表現が豊か

もともと感情表現が豊かな人は話すときに癖で身振り・手振りをすることが多いようです。感情表現が豊かな人は身振り・手振りのうまさを活用すれば、就活面接でもプラスの印象を与えられるでしょう。

社交的

積極的でバイタリティのある社交性も特徴のひとつ。自信に満ちたリーダー的な存在として注目されます。このタイプの人は感情表現が豊かなので、就活面接であえて身振り・手振りをしない方が無難です。なぜなら、面接官はすでに注目しているので、オーバーアクションに映ってしまうからです。

意欲的

意欲がみなぎるあまり身振り・手振りが大きくなる人です。意欲的なのは就活でプラス要因ですが、内容が伴わなければ空回りしているような印象を与えてしまうので注意が必要です。

出典:写真AC

身振り・手振りのメリット