キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

どんな髪色が面接官に好印象?就活の髪色でおすすめの色とは

就活の際、髪色をトーンダウンする人は少なくありません。なぜ、トーンダウンする必要があるのでしょうか?ここでは、髪色が就活に与える影響だけでなく、就活で好印象を持たれるおすすめの髪色などもまとめてご紹介します。

就活に髪色は影響する?

まず、髪色が就活に与える印象についてご紹介します。

明るい髪色はマイナス評価になりやすい

社会の一員として働くことを前提とした就活では、明るい茶色の髪はマイナス評価になりやすいでしょう。理由としては、「軽い」「常識がない」というイメージを与えてしまうからです。そのため、採用面接で真面目なことをいっても真実味がなく聞こえ、明るい髪色のせいで軽薄に思われる可能性があります。反対に、日本人の地毛に近い黒っぽい色は、真面目で誠実な雰囲気と取られやすいでしょう。

明るい髪色は悪目立ちする可能性も

就活中は暗い髪色の学生が多くなるため、明るい茶色の髪は悪目立ちする可能性もあります。自分だけが明るい髪色だと、浮いているのではという不安を感じるかもしれません。また、リクルートスーツが暗い色目なので、私服より髪色が目立ちやすいでしょう。リクルートスーツに合った髪色を心がけることが大切です。

業界により許容範囲が異なる

明るい茶色の髪は就活向きではありませんが、受ける業界によっては許容されることもあります。業界による若干の違いも覚えておくといいでしょう。

暗めの色がよいとされる業界⇒ 金融業、不動産業、公務員など
明るめの色でも許容してくれる業界⇒ アパレル、美容業界など

明るい髪色はスタートラインに不向き

髪色が採用・不採用につながることはありませんが、スタートラインとしてふさわしいとはいえません。採用担当者のほとんどは茶髪の人を「常識がない」あるいは「軽薄だ」として切り捨てることはありませんが、「採用後も茶髪のままなのか」「周囲からどのように見られるのか関心がないのか」という観点では評価するはずです。採用されるためには、何が第一印象として求められているのかをしっかり考えるようにしましょう。

▽みんなの髪の色は?クチコミをチェックしてみよう!
髪型[女性]のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

どんな髪色が面接官に好印象?就活の髪色でおすすめの色とは 出典:Photo AC

就活の髪色でおすすめの色1【ブラック】