キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

就活で印鑑が必要なのはどんな時?意外と知らない印鑑のマナー

学校やアルバイト先への届出はパソコンやスマートフォンで完結してしまい、印鑑を使う場面は少なかったかもしれません。しかし、社会に出ると印鑑は欠かせないもの。そこで、就活中に印鑑を押す場面や、押し方について紹介します!

就活で印鑑を押す必要がある場面とは

就活で印鑑を押す必要があるのはどのような場面でしょうか。いくつか例をあげて内容をみてみましょう。

就活中に印鑑を押す場面

 

就活中に印鑑を押す場面の代表的なものには、
1.履歴書
2.交通費の領収書、受領簿
3.個人情報保護に関する同意書
4.健康診断結果の取り扱いに関する同意書
5.内定承諾書、誓約書
といったものが挙げられます。

実はこれらの書類、印鑑が必要な理由はそれぞれ異なります。
履歴書の印鑑は、本人確認、確かに本人が書いたという証明のためです。
交通費、個人情報、健康診断関連の書類には、選考日などの記録を客観的に残すために印鑑が必要です。
内定同意書、誓約書は、自らの意思で書いたという証拠を残すために印鑑を押すのです。

印鑑の効力

印鑑を押す行為は「捺印」や「押印」と言いますが、自筆で署名をした後に印鑑を押すことを「署名捺印」と言い、印刷された名前に印鑑を押すことを「記名押印」と言って使い分けています。
効力の強い順に、署名捺印 > 署名のみ > 記名押印 >記名のみとなるので覚えておきましょう。

では、それぞれの書類について、求められる効力を確認しておきましょう。
履歴書は現在、署名のみで認められるのが通常です。学校や企業が定めた履歴書に押印欄があれば押し、なければ押さなくても構いません。

交通費、個人情報、健康診断関連の書類は、記名押印をすれば有効な書類となります。ハンコを持っていなければ、署名でも有効です。

内定同意書、誓約書は、入社日から働くという契約の書類であるため、一番効力の強い署名捺印が求められます。ハンコを忘れると書類を受け付けてもらえない可能性があるので、注意しましょう。

▽履歴書を書くときにやりがちなミスってありますよね
履歴書と印鑑のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:写真AC

就活で押す印鑑はシャチハタでもいいの?