キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

ソフトウェア業界の志望者必見!エントリーシートの志望動機例文集

パソコンやスマートフォンのアプリケーションなどを手がけるソフトウェア業界は非常に身近であり、この業界を目指す人は少なくないでしょう。今回は魅力的な志望動機を作るため、職種や仕事内容に加え、志望動機の例文も紹介します。

ソフトウェア業界の仕事内容と主な職種

ソフトウェア業界は、パソコンやスマートフォンを動かすために不可欠なOS(オペレーティングシステム)や、テキスト入力や表作成などができるオフィスソフトをはじめとする、特定の機能を行うためのアプリケーションソフトなどの開発を手がけています。

ソフトウェア業界の一般的な職種には、以下のようなものがあげられます。

ソフトウェア開発系職種

・システムエンジニア(SE)
顧客の要望に応じ、情報システムの設計・構築に携わる。ソフトウェア業界の場合、アプリケーションソフトを手がけるアプリケーションエンジニアと、OSなどシステム基盤にかかわるソフトウェアを手がける基盤系エンジニアに細分される。

・プログラマー
プログラム開発、正常に動作するかのテスト実施、バグの修正などが主な仕事。

運用系職種

・ネットワークエンジニア
アプリケーションを使用するための企業内ネットワーク構築や、運用に特化したエンジニア。

・ セキュリティーエンジニア
サイバー攻撃への対処や、機密情報保護などセキュリティー分野に特化したエンジニア。近年ニーズが高まっている分野でもある。

営業・コンサルタント系職種

・セールスエンジニア
自社製品の販売を行いながら、技術的な提案やサポートも顧客へ提供する。

・システムコンサルタント
顧客企業の経営課題などに対して、情報システム導入による解決のプランニングから設計を手がける。

これらはあくまで主な職種であり、より細分化された職種や、反対により広域をカバーするマネジメント系職種なども存在します。企業によって将来的に携われる分野も変わってくるので、未来のことも想像しながら、どのような職種があるのか調べてみましょう。

▽ソフトウェア業界に関するリンクは
情報処理/システムの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:pixta

ソフトウェア業界で求められる人物像の特徴