キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

【音楽・芸能業界】志望動機に何を書けば好印象?例文つきでご紹介!

音楽・芸能関係企業へのエントリーシートに記載する志望動機に、何を書けば良いのか頭を抱えている学生も多いようです。そこで、音楽・芸能関係企業の採用担当者に良い印象を持ってもらうための、志望動機の書き方についてご紹介します。

エントリーシートの志望動機のポイント(1)業界・企業の研究をしたうえで志望動機を書く

音楽・芸能関係を扱う仕事は、業界も仕事内容も多岐にわたります。「音楽の種類」だけでも、邦楽、洋楽、クラシック、ジャズなど、ジャンルによっても扱う事務所やレーベルが異なります。

また、音楽・芸能関係とひとくちに言っても、音楽事務所で歌手や奏者をマネジメントする仕事や、レコード会社で音楽商品の製作・販売をする仕事、コンサートホールやライブハウスなどの会場を提供する仕事など、音楽・芸能にかかわる業種は一つだけではありません。業種だけでも人材、商社、流通、メーカーなど複数の機能を併せ持つケースがあるのです。そのため、「音楽・芸能関係」と一気にまとめて業界研究をすることは難しいでしょう。

そのため、「なんとなくその業界を代表するトップの企業研究をすれば、ほかの会社の仕事研究にも流用できる」というわけにいきません。エントリーする企業の情報収集を徹底的に行って、求める人物像を把握し、企業にとって「なぜこの学生は自社を志望するのか」という納得感のある志望動機を作っていく必要があります。
さらに、企業に「この学生ならウチの仕事ができる」と感じてもらうために、自分がその企業を目指した理由が、企業の求める人物像をイメージさせる志望動機になっていることが望ましいのです。

出典:pixta

エントリーシートの志望動機のポイント(2)入社後に何をしたいのかを書く