キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

就活生必見!テレビ、ラジオ業界の面接でよく聞かれる質問&回答例

「憧れの仕事だけれど、ちょっと敷居が高いテレビ、ラジオ業界。自分には難しいかな…」なんて思い込んでいませんか?特別な質問は、意外と多くありません。テレビ・ラジオ業界の面接で、実際に聞かれる質問と回答例をご紹介します。

【面接前におさえておこう】テレビ、ラジオ業界で求められる人材と採用担当者が見ているポイントとは?

(1)テレビ・ラジオ業界が求める人材

テレビ・ラジオ業界だからといって、求める人物像が想像力・発想力を持つ人ばかりということはありません。テレビ・ラジオ業界は、配属される部署によって取り組む仕事が全く異なります。採用HPや入社案内などでよく見る、「先輩社員紹介」「一日の仕事の流れ」といったコンテンツのひとつとしてよく紹介される「求める人材」ですが、そもそも、公開していない会社がほとんどです。
テレビ業界では一般的に「総合職」と呼ばれる、さまざまな部署に配属になる可能性のある職種を、「一般職」と呼ぶ会社が多数あります。この一般職選考枠の中でも、報道志望なのか、バラエティ志望なのか、営業志望なのかで求めている能力や素質が異なります。さらに、アナウンサー、技術職、美術職など、選考ルートの違う職種であれば、まったく別の「求める人材」があるのです。テレビ局ほど職種数は多くありませんが、ラジオ局でも「総合職」のなかに、仕事内容がまったく違う仕事が含まれます。

・一般職で求められる人材
テレビ・ラジオ業界で、もっとも多くの人数を採用する職種です。入社後は多彩な業務に就き、他部門への移動も頻繁にあるため、豊かな感性やビジネスセンスが問われます。常に新しいものを作り出せる、柔軟な発想力も必要です。

・アナウンサーで求められる人材
キー局では、テレビ局の顔になる「誰からも好かれるような容姿と人間性」が求められます。準キー局・地方局の場合は、即戦力となれる技術力も必要で、事前にアナウンススクールで台本読みや発声練習を習得しておくことも重要です。

・技術職で求められる人材
技術職は、カメラや音声、技術開発などの仕事を希望する人が受ける職種です。選考ではテレビ技術やITに関する専門知識が問われますが、その上で「人を楽しませることに関心がある人」が好まれます。

・美術職で求められる人材
美術職では、美術的な教養と技術が求められることはもちろん、納期厳守で舞台装置や小道具などを作り上げる気力も必要です。現場には衣装、メイク、大道具、小道具と多数のスタッフがいるため、専門家揃いのメンバーでチームワークができる力も求められます。

「一般職で応募した○○テレビはエントリーシートで落ちたけれど、技術職を知ってから技術職で出したところは全部選考に進んだ」というようなケースも珍しくありません。ただし、共通して求める点が一つだけあります。それが、「テレビが好き(ラジオが好き)」「コンテンツを作りたい」というような熱意と、その熱意を伝えられる行動力です。

まずは強い意欲が大切と考えましょう。

(2)採用担当者が見ているポイント

メーカーや商社などの一般企業と比較すると、募集職種も仕事内容も多岐にわたるテレビ・ラジオ業界。採用担当者が見ているポイントも、当然さまざまです。ストレス耐性がある人、企画力・発想力のある人、チャレンジ精神がある人、高いレベルのコミュニケーション能力がある人など、さまざまなタイプの人をチェックするのがテレビ・ラジオ業界の採用担当者です。
「PRするポイントが何か」ということが重要なのではありません。「確かにあなたはそれをPRするべき人物ですね」と面接官が納得できる内容であるかどうかが大切です。
例えば、テレビが大好きだとPRしたい場合、「私はテレビが大好きです。毎日2時間はテレビを見ます」という内容では、「それは普通だと思うけど…」と思われてしまいますよね。
「私はテレビが大好きです。Webでアーカイブを見られるようになってから、過去のバラエティーも遡って見て、今流行っているバラエティーと比べて見るようになりました。ゼミの卒論でも、テレビの役割と歴史についてグループ課題に推薦しました。」と説明すると、「君はテレビが好きだね!」と納得してもらえるレベルになります。自分のレベルを客観的に把握するために、自己PRの添削は早めにスタートしておきましょう。

出典:写真AC

テレビ、ラジオ業界の面接でよくされている質問例と採用担当者を惹きつける回答例