キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

就活浪人は不利?留年との違いは?就活を続けるうえでのリスク

就活浪人や留年が次の就活にどんな影響を与えるのでしょうか。就活時間が増えて内定への可能性が広がるというメリットを考えますが、一方でそこには必ずリスクが発生します。リスク対処法など、最良の判断につながる材料を解説します。

就活浪人とは?新卒扱いされないの?

出典:写真AC

就活浪人という言葉は学生側の言葉です。一旦卒業した者に対して、採用する企業側にあるのは「既卒者扱い」で採用方法としては「中途採用」というくくりになります。企業の中途採用は、本来は職務経歴のある人を望む場合が多いのですが、いわゆる「第二新卒」という形で、あまり職歴はないが将来性を買って、あえて卒業後間もない人材を探すことがあります。

中途採用への応募方法は、転職サイトが主催する合同企業説明会や、既卒3年以内の者も応募可能な「新卒者合同説明会」への参加などで可能です。中には通年採用を行っている企業もあるので、志望する企業のホームページなどにアンテナを張っておくと見つけることができます。

新卒採用のように時期を統制するようなものはなく、採用ニーズがあれば随時募集をかけるというやり方です。就活浪人を考える学生からすれば、翌年以降、こういった採用政策を持つ企業や通年採用を行っている企業への応募がひとつの選択としてあります。

就活浪人をするメリットとデメリット