キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

Webテストがフリーズ!受験途中でのPCトラブルや中断時の対処法

Webテストは、都合の良いときに受けられるのがメリットですが、自分でパソコンやインターネット回線を準備する分、トラブルに見舞われることも心配です。そこで、どのように対処すればよいか、知っておきたいポイントをご紹介します。

Webテスト受験中に想定されるトラブルとは?

自分のパソコンで受験するWebテストには、実はさまざまなトラブルの元があります。代表的なトラブル原因を知っておきましょう。

■イライラによる連続クリック
Webテストの受験中に、ついついやってしまいがちなのが、なかなか画面が切り替わらないことにイライラして、[登録]、[始める]、[次に進む]などのボタンを何度もクリックしたり、不必要にEnterキーなどを叩いてしまったりする行動です。このような行動によって、ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)がフリーズしてしまうことがあります。「連打による多重送信」という現象が起こり、通信に負担がかかって動かなくなっているのです。

■画面の誤操作
Webテストはある程度直感的に操作ができるので、検査説明を読まずに試験を始めてしまう人がいます。解答が終わっていないのに、違うボタンを押してしまい問題が解けなくなることや、途中で閉じてはいけないブラウザの画面で[×]をクリックしてしまうなど、誤操作によるトラブルは意外と多いのです。

■Webテスト以外のウィンドウやソフトが開いたまま
複数のソフトが開いていると、CPU(パソコンの頭脳)に負荷がかかってフリーズしやすくなります。ExcelなどとWebテストを同時に開く、あるいはブラウザでWebテスト以外のウィンドウが開いたままで受験をすると、受験中にパソコンがフリーズする危険性があります。

■特に外出先で多い通信トラブル
外出先でもWi-Fiスポットやスマートフォンのテザリングなどを利用してインターネットに接続することができます。しかし、Webテストを受験中に、電波が一瞬でもオフになってしまうと、そこで通信が中断され、途中で受験できなくなってしまうことがあります。

■セキュリティーの警告が出ることも
Webテストによっては、表示や通知にJava(ジャバ)というプログラムが使われています。使っているブラウザにあらかじめインストールされているJavaのバージョンが古いと、「Javaのバージョンは最新ではありません。」などのエラーメッセージが出て、それ以上Webテストを進めることができなくなる場合があります。

■万全な環境にもトラブルは付きもの
その他、どうしても避けられないアクシデントとして、デスクトップPCで受験中に電源コードが外れてしまう、ノートPCで画面が真っ暗になってしまうなど、突然のトラブルによってテストが続行できなくなる場合もあるのです。

▽Webテストに関する就活生のクチコミ
就活テスト(Webテスト)のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:fotolia

Webテスト中のトラブルはヘルプデスクに連絡