キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン
注目のタグ

【例文あり】エントリーシートで研究内容を分かりやすく書くコツ!

エントリーシートを作成する際に「研究テーマ」の項目で、わかりやすく書くにはどうすべきか悩む理系学生も多いでしょう。企業側に自分の研究成果が伝わりやすい書き方など、研究内容について書くコツを、例文を中心に紹介します。

読み手に伝わる!エントリーシートの研究内容を書くコツ

基本的に研究内容に直結した就職ができる理系学生は少数派です。学部生だけではなく院生もそれは同じ。多くの企業では基礎研究や開発よりも製造工程に多くの人員を配置しています。そのため、多くの学生は就職活動を進める中で、生産・品質管理、技術営業、SEといった採用数の多い職種へ視野を広げることとなります。
専門領域外の業種・職種を受ける場合に求められるのは「詳しい研究内容」ではありません。研究を通じてあなたが何を得たか、またあなたの人間性や価値観を企業は知りたいと思っています。

ポイント1:専門用語は避け、誰もが理解できる内容に

■悪い例
「ゲノムDNAのシトシンがメチル化された場合、遺伝子がサイレントとなるが、細胞の分化に伴いゲノム領域でメチル化・脱メチル化が両方起こることで遺伝子発現が固有のものとなることを解明する研究を行ってきました」

■良い例
「研究テーマは哺乳類の遺伝子です。細胞分化の仕方で遺伝子が細胞に変換されるかは異なるため、この研究によってさまざまな病気の原因を特定できる可能性があります。私は先輩の成果を引き継ぎ、さまざまな条件下でどのように遺伝子が変換するのかを研究しました」

「悪い例」のシトシン、メチル化、発現といった単語は、学部や学科の違う友人でも理解できるでしょうか?専門用語ばかり並べてしまうと読み手に伝わりにくいので、なるべく分かりやすい単語に言い換えて、研究の概論や意義を伝えましょう。

ポイント2:研究で何を学んだかを明確かつ簡潔に

前述の通り大事なのは研究テーマ自体ではなく、あなたがどう研究に関わり、何を得たかです。

  • 研究に煮詰まった時に突破する力
  • 目標達成に向け、教授や先輩からうまく情報や協力を得る力
  • 仮説を立て、検証し、正誤を判定するという研究の基本姿勢
  • 効率や仕組み化を考える力
  • (応用研究の場合)アカデミックのみではなく、社会的なニーズを同時に考える力

など、研究によって学んだこと、得た力を簡潔に書きましょう。

ポイント3:志望先企業で活かせる技術や知識を具体的に

・志望業界と専攻が近い場合
その領域の知見を書いてください。企業の採用サイトやコーポレート全体のホームページ、IR情報などから、現在の事業や技術領域、R&Dなど推進中の領域を隈なく確認し、貢献できる領域がないか確認しましょう。

・専攻から遠く離れた業界を志望する場合
実は業界は離れていても活かせる技術は多くあります。例えば、自動車メーカーといえばエンジンなどの開発をイメージしますが、情報技術と生産管理といった職種も求められています。自分の力を活かせる職種が志望企業にないかチェックしてみましょう。

・専攻から遠く離れ、自分に合う職種もない場
例えば、農学部の学生がSE職になるというケースも多くあります。この場合はポイント2の「研究で学んだ力」が活かせます。分野や領域は違っても「成果を出した力」は再現性があるもの。現在はまだ志望業界の知見はないが、1つのことをやり遂げる力があることをアピールしましょう。

ポイント4:気持ちや熱意が伝わる表現を使って

最後は「熱意」です。なぜその研究に興味を持ったのか、その研究を活かせし、今後どう活躍していきたいか、どう社会に価値を出したいかという気持ちを伝えましょう。

出典:fotolia

エントリーシートの研究内容の例文1:化学・医薬品業界向け