1. 就活日記トップ
  2. 出版
  3. 講談社
  4. インターン体験記
  5. 2022年卒
  6. 詳細

講談社 2022年卒 夏インターン体験記(企画職)_No.20223738

基本情報
2022年卒|大学名非公開|性別非公開|文理非公開
他企業でのインターン
光村図書
2020年9月中旬
東京都
1日間

選考情報

選考フロー

選考なし

インターン概要

開催時期 2020年9月中旬
開催期間 1日間
開催エリア 東京都
開催場所 その他
このインターンで学べた業務内容 企画
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

講談社について知る1dayインターンシップ

内容

①企画職に従事されている先輩社員の方のパネルディスカッション
②内定者の方の座談会

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ
この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

元々雑誌等を読んでいたこともあります興味本位で参加したものの、出版を仕事にすることは雑誌を娯楽として享受することとは全く別物であることに気がついたから。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

オンライン上であり、学生の交流がなかったためわからない。抽選制の参加であるが、小耳に挟んだ噂によると学歴によって抽選しているようだ。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

非常に明るく、出版の固いイメージが覆された。それぞれに自分の考えを持ちつつ、他の人の考えも尊重している印象だった。また、情報感度が高い印象も受けた。女性誌などを担当することになる場合、そうした常に最新情報にアンテナを張る必要があるのだろう。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

出版は斜陽と言われており、デジタルは敵とされているが実際は仲間であり、今後の可能性は広く開かれていること。自分の好きなことを仕事にできるものの、ある程度仕事と趣味を分けられる能力も必要だと感じた。また、自分の考えを常に持っていることも重要であり求められるレベルが高いと感じた。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

選考がないため、参加できるかは運にかかってしまいますが、インターンで得た学びはob訪問でなどでも得られるものだと思います。ob訪問を積極的に募集されているようだったので、目指す場合はそうした機会をしっかりと活用されるとよいと思います。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

予約受付中のイベント

閲覧されているコンテンツ

インターン体験記投稿キャンペーン
みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
新型コロナウイルス感染症対策支援募金
楽天Optimism
楽天モバイル
ページトップへ