1. 就活日記トップ
  2. 電機/機械/材料
  3. 住友電気工業
  4. インターン体験記
  5. 2023年卒
  6. 詳細

住友電気工業 2023年卒 夏インターン体験記(総合職技術系)_No.20234959

基本情報
2023年卒|大学名非公開|男性|理系
他企業でのインターン
JFEスチール,住友重機械,川崎重工業
2021年8月下旬
オンライン
2日間

選考情報

選考フロー

ES

ES

提出締切時期 2021年7月下旬
あなたがインターンシップに期待することは何ですか。(100~200字)

実際に働くイメージを掴めるようなインターンシップを期待しています。私は、大学の研究で先輩の研究内容を引き継がず、新規のテーマで取り組むなど唯一無二を大切にしており、貴社の企業行動憲章の「オリジナリティのある新事業・新製品の開発」という言葉に共感しました。どのように「オリジナリティ」がある新事業、新製品を生み出すのか、生み出すために必要なスキルは何か、学べることを期待し、働くイメージを掴みたいです。

学生生活の中でもっとも力を入れていることは何ですか。(100~200字)

苦手な英語に挑んでいることです。1年半近くオンラインで外国人からレッスンを受け、また、月1回地元の英会話カフェに行き、読むだけでなく、聞いて話すことを意識して英語の勉強をしています。このように、積極的に英語に触れたことでTOEICの点数を515点から775点まで上げることができました。今では英会話カフェにて、簡単な英語を通し、中国人、フィリピン人、ベトナム人とのコミュニケーションを楽しんでいます。

簡単に自己PRをしてください。(200字)

私は「チームを1つにする力」があります。4週間にわたる○○実習で、6人グループで課題に取り組んだ際、そのうち1人がグループに馴染めていない状態でした。そこで私は彼に対し、意見を求め話しかけ、休憩時間中には雑談をしたりトランプゲームに誘ったりし、また、グループ全員で飲食をともにしたりしグループに馴染めるように働きかけ続けました。その結果、徐々に打ち解け、最後には6人全員で協力し課題に取り組むことができました。

備考(自由記述) 200字

私の長所は「どこまでも続ける力」です。私は2歳から水泳を続けています。小学校では週一回スイミングスクールに通い、中学校では平泳ぎで○○4位に入選し、○○大会に出場しました。高校、大学時代には水泳部に所属しなかったものの友人とともに自宅近くのプールで練習を続け、大学時代、○○大会に出場しました。このように厳しい練習下でも、私はコツコツ努力を続け、小さいながらも結果を残してきました。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

字数が少ないため、最低限伝えたいことが伝わる文章となるよう心掛けた。

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

エントリーシートのみで選考のため、学歴、論理性が重視されていると思う。

インターン概要

開催時期 2021年8月下旬
開催期間 2日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 企画
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

住友電工の製品群を用いて新規事業を立案するというグループワーク

内容

2日あり、1日目の午前中はグループのメンバーがお互い打ち解けあえるような簡単なグループワークに取り組み、1日目の午後から2日目の午後にかけて新規事業を立案するグループワークがある。新規事業を立案するワークでは実際に市場ニーズがあるのか、競合他社はどこになるのか、採算性はとれるのか、事業はどのように立ち上げるのかといったかなり詳しいところまで考慮しワークに取り組んでいく必要がある。2日目の午後には経営層に向けた事業立案の提案会(発表会)が行われ、最も優れた提案をしたグループには景品が送られる。インターンシップではワークのほかにも簡単な会社説明なども行われる。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ
この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

企業理解や仕事内容の理解が進んだわけではないため。企業理解や仕事内容について詳しく知りたいという目標をもってインターンシップに参加したが、グループワークが9割だったことがあり、なかなか説明や座談会の場がなく目標が達成できなかった。ただ、ワークを通してどのような事業をおこなっているのか、どのような製品群があるのかといったことを知る機会にはなる。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ

インターンシップ参加者には、後日、大学OBOGのリクルーターがつく。また、インターンシップ参加者限定の座談会が開催された。

一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

大学群としては旧帝大、東工、神戸、筑波大と早慶がほとんどを占める。グループワークをしているとみな斬新で的を得たアイデアを次々と出し、そのアイデアを否定することなく最適解を探し練り上げていく様子があった。レベルとしてはメーカー基準だと高いイメージを持った。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

社員の方と特段、話し合うような機会は設けられていないため会社や社員の雰囲気の理解は進まなかった。その中でも数人の社員と交流した様子から判断するに、真面目で優秀な社員が多いという印象を持った。おそらくその印象は大きく外れていないと思う。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

新規事業を立案する難しさと経営層の方々を納得させることの難しさを学んだ。事業立案ワークの取り組み時間がおおよそ1日で短いということもあったが、事業展開のスケジュールや事業の投資額回収の甘さなどを経営層の方から指摘され、改めて難しさを知った。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

住友電工に興味がある学生ならインターンシップに参加することをお勧めします。理由として製品群や事業領域について詳しく学べる場となること、またリクルーターがつく可能性があるからです。また、インターンシップ参加者限定の座談会等もあり、企業理解が深まるため、本選考を有利に進めることができるのではないかと思います。インターンシップのワーク自体は大変ですが頑張ってください。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】


閲覧されているコンテンツ

みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
Green Together キャンペーン
楽天モバイル
ページトップへ