1. 就活日記トップ
  2. 医薬/化学/化粧品
  3. 協和キリン
  4. インターン体験記

協和キリンのインターン体験記

卒業年:

協和キリンのインターンに参加した学生たちのインターン体験記は、4件あります。

全4件

pager
  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:理系
    2019年9月上旬
    東京都
    1日間
    • ES設問:製薬企業に興味を持ったきっかけとインターンシップの応募理由(400文字)

      私は将来,医療の分野に携わりたいと思い大学に入学しました。当時は医療工学の分野か医薬品の分野か,どの分野から医療に携わるか決まっておりませんでしたが,バイオインフォマティクスの研究室の配属され,コンピュータを用いて生命情報を解析するということを知りました。特に最近ではAIを用いて化合物とターゲットの反応を予測したり,抗体医薬だけでなくRNAアプタマーの医薬品の応用も注目されており、そのRNAの構造を予測するためにはアルゴリズムが重要であることを学びました。そのためバイオインフォマティクスのスペシャリストが多数在籍している現在の大学院に進学しインシリコの面から製薬に迫る手法を多く勉強しております。実験的に新たな医薬品を開発するだけでなく,データを駆使し統計やコンピュータの面から医薬品に携わることができるデータサイエンティスト部門に非常に魅力を感じたため,今回応募に至りました。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      エントリーシートの内容

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      MR、開発、研究職の具体的な業務(スケジュールを含む)がどのようなものなのかイメージを掴むことができました。製薬会社は他にもたくさんありますが、その中での協和キリンの強みがどこなのか理解することができました。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2019年9月中旬
    東京都
    1日間
    • ES設問:製薬企業に興味を持ったきっかけと当社のインターンシップに応募した理由を教えてください。(400文字以内)

      祖母を膵臓癌で亡くしたことをきっかけに製薬企業に興味を抱きました。私の祖母が苦しむ様子をみたことから、医薬品で病気に苦しむ患者様の治療に貢献したいと考え、薬学部に進学しました。しかし、実務実習に行くと目の前にいる患者様しか治療貢献できないことに薬剤師としての力の限界を感じ、より多くの患者様の治療に貢献ができ、医療現場と製薬企業を繋ぐ重要な役割であるMR職になりたいと思うようになりました。貴社は、「腎領域」を重点に置いているため、豊富なパイプラインを持ち、内分泌系と腎臓内科の連携による患者様の治療貢献に貢献していることに大変興味を持っています。他にも、未解決の難病に専門的に特化した研究を行っていることが、貴社の強みと考えています。そんな貴社のインターンシップで、貴社の特長の「私たちの志」といった、貴社社員の意見や情熱を大切にする社風を肌で感じ、製薬企業の理解をより深めたいと考えています。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      普通にSPI対策していれば大丈夫

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      後輩へのアドバイスに記載した通り。

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:非表示
    2018年11月上旬
    東京都
    3日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:学生生活で力を入れている事

      私が学生生活の中で力を入れていることは研究とアルバイトです。まず研究では、数理モデルを用いた企業との共同研究を行っております。共同研究は研究室内だけでなく企業の方とのコミュニケーションが求められます。企業の方とのミーティングでは、初めは不安が多く、緊張しうまくコミュニケーションをとることができませんでした。しかし、製剤だけでなく分析や物理化学の知識を取り入れながらディスカッションを重ねることでスムーズに意見を相手に伝えられるようになりました。また実験においては、自らの効率性・計画性の良さを活かし、薬局・病院実習の期間中も計画的に行うように努めてきました。
      アルバイトは塾の非常勤講師を5年間続けています。こちらも初めは色々な性格の生徒に伝えることの難しさを痛感し、悩むことがありました。しかし生徒と勉強以外の会話も増やすように意識し、根気強く生徒の本質を引き出すことに力を注いだ結果、個々にあった伝え方を実践できるようになりました。最近では他の非常勤講師に対して、指導的な立場から生徒への接し方や塾の環境について、積極的にアドバイスを送ったり意見を聞いたりして、より居心地の良い環境づくりに努めています。
      私はこれら2つの経験から、自らの意見を他者に伝え、他者からの意見も傾聴しより良い結果となるように考察する力を身につけることができたと感じています。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      ES

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      製薬企業におけるデータサイエンス職の業務内容を学ぶことが出来た。創薬から開発段階まで広い分野にデータサイエンティストがいるが、その役割は企業ごとに違うとの話も聞くことが出来た。自分の中のイメージとのギャップを埋めることが出来た。

  • 大学:名古屋大学 / 性別:女性 / 文理:理系
    2018年11月
    東京都
    3日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:インターンシップに応募した理由を教えてください(希望職種への応募理由も含めて)(400文字以内)

      私が貴社のインターンシップに応募した理由は、貴社が掲げている「私たちの志」に強く共感したからです。特に、「あらゆる人の笑顔をつくろう」という一文が、私が掲げている「人々が不安を抱えず安心して暮らせる社会を創りたい」という志に一致すると思いました。同じ志を持った貴社でなら、漠然と掲げている私の志が、創薬を通してどのように実現できるかを学べるのではないかと考えました。そこで注目したのが、データサイエンスという分野です。現在私が行っている研究の中にも、次世代シークエンサーのビッグデータを用いることがあります。このようなビッグデータを活用することによってもたらされるインパクトが、探索研究の中で、どのように創薬に結びついていくのかを学ぶ良い機会になると思いました。同じ志を持つ研究員さんとの交流やグループワークを通して、志を実現する為の明確なプロセスを見つけることが出来ればと思い、応募致しました。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      8割が落とされる「Webテスト」完全突破法2(TG-WEB・ヒューマネージ社のテストセンター対策用)をやる。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      インターンシップに参加していた学生のレベルがとても高く、ある程度偏差値が高い大学から来ている人がほとんどであった為、出身校やWEBテストの出来が重視されていたと思う。また、このインターンシップの内容に一致するような研究を行っている人が選出されていたように感じる。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】

閲覧されているコンテンツ

インターン体験記投稿キャンペーン
みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
楽天モバイル
ページトップへ