1. 就活日記トップ
  2. 食品/水産/農林
  3. アサヒ飲料
  4. インターン体験記

アサヒ飲料のインターン体験記

卒業年:

アサヒ飲料のインターンに参加した学生たちのインターン体験記は、12件あります。

全12件

pager
  • 大学:非表示 / 性別:女性 / 文理:理系
    2020年10月下旬
    東京都
    1日間
    • ES設問:卒論・修論の研究内容について専門外の人にもわかるようにまとめてください。研究テーマが未定の場合は、これから研究したいと考えているテーマについて教えてください。(全角600文字以内)

      私の研究テーマは「○○に向けた、新規化学物質の解析」です。〇〇の国内自給率はわずか7%しかなく、その原因は湿害だと言われています。○○栽培の8割が元々水田だった土地で行われており、酸欠状態に陥りやすいからです。近年、○○が「□□」という、シュノーケルのような役割を果たす組織を新たに形成する能力があることが判明しました。そのため、水田のような環境下でもこの組織があれば酸欠にならず、生育不良を起こさないと考えられます。しかしながらこの組織の形成に必要な条件はまだ解明されておらず、畑環境下での実用化には至っていません。先行研究において、この□□に特定の化学物質が高蓄積していることが明らかとなりました。しかしこの物質は植物体に対する機能の報告が未だないものであり、私はこの新規化学物質が耐湿性を示す□□の働きに深く関与していると考えました。そこで本研究では、それを明らかにするべく、この化学物質の機能解明に挑んでいます。昨年の学士での卒業研究では「化学物質を合成する酵素、遺伝子の同定」や「化学物質の機能における仮説を立案し検証」を行い、己の発想力と粘り強い性格から、有力な仮説を導きだすことに成功しました。今後も立証に向け研究に力を注ぎ、本研究が〇〇開発の一歩となることを期待しています。

    • GDグループディスカッションの内容・流れ

      30分ほど上記のテーマについて6人グループで話し合い、最終的に結論を出した。グループの結論は面接官に簡潔に話すことが求められるが、この発表者はランダムで指名される。実際に私は選考通過したが、発表者ではない。

    • テスト効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

      参考書

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:非表示
    2020年8月中旬
    兵庫県
    3日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:卒論・修論の研究内容について専門外の人にもわかるようにまとめてください。
      研究テーマが未定の場合は、これから研究したいと考えているテーマについて教えてください。(全角600文字以内)

      私は次世代光メモリや超解像蛍光顕微鏡技術への応用を目指し、機能性分子の反応メカニズムについて研究しています。この分子を利用して、繰り返し書き込みが可能な光メモリへの応用が試みられています。さらには分子の構造を工夫すると、●●●でのみ光を発するという性質があります。したがって今までの顕微鏡技術では重なっている分子は発する光がかぶってしまいうまく観測することが困難でしたが、この分子では当てる光の種類を変化させることで光のONとOFFを切り替えることができるため、重なっている分子でも個別に認識することができます。この利点により、この分子を生体細胞に含ませることでバイオイメージングへの応用が可能です。しかし実際に製品や研究に使用されることを考えた場合、その反応メカニズムを詳細に理解し、より耐久性の高い分子構造が求められますが、そのためには分子のどの部分の構造または振動状態が主な因子となっているのかを調べる必要があります。そこで私は分子反応メカニズムの解明およびより優れた反応性を有する分子の設計を目指して、吸収・蛍光スペクトルやコンピューターによる量子化学計算を用いて実験を行っています。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      自己紹介,研究内容,ガクチカ,業界の志望動機

    • GDグループディスカッションの内容・流れ

      制限時間40分。面接官は2人。最後に面接官から指名された学生が発表する。
      その後一人2つ程度ずつ簡単な質問をされる。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:文系
    2020年9月上旬
    東京都
    3日間
    • ES設問:①あなたがこれまで直面した最も大きな困難と、それをどのように乗り越えたか
      教えてください。(全角400文字以内)

      ②アサヒ飲料を通して、社会へどう貢献したいか教えてください。
      (全角400文字以内)

      ①これまで直面した最も大きな困難は、学園祭の協賛企業の獲得です。私は学園祭実行委員会に所属していて、企業にブース出展を依頼する「出展協賛」担当でした。この協賛形式は協賛金が高いこともあり、1番協賛の同意を得ることが難しいです。さらに例年の協賛企業に予算の事情で3社断られて、新規の協賛企業を見つけなければならず、とても困難な状況でした。最初30社ほどに依頼して1件も獲得できず、困り果てた末に私は自営業の父に助言を求めました。そこで受けた指摘を元に、入念な下調べをした上で、企業の視点に立ち、「どのような出展内容にすれば売り出したい商品を狙った客層にアピールできるか」という観点まで踏まえた提案を行いました。このようにすることで企業への理解も同時にアピールしました。結果、新規企業を3社獲得できました。この経験から、相手の立場になって考え行動することが、自分が求める相手の行動に繋がることを学びました。

      ②私は、顧客ニーズを逃さず捉えて、それに応えることで社会へ貢献していきたいです。貴社は飲料メーカーですので、お客様の多様なニーズに応えられる飲料を売り出すことが、社会への貢献になると考えます。その中で、自分が得意とする「物事を俯瞰的に見る力」というのがとても活きてくるでしょう。近年、より多様化しているニーズを捉えるためにはデータを型にはまった見方をするのではなく、より広い視野で見ることが必要だからです。私は普段から、受ける言葉や目の前で起こる事象に対して第一印象だけで反応するのではなく、様々な視点から解釈した後で反応するようにしています。例えば、気分を害する言葉を受けたとき、相手の発言の意図や自分の感情の理由などを考慮した上でどのように反応するか選ぶようにしています。この心がけのおかげで「物事を俯瞰的に見る力」を得られたのだと感じています。そして、この力を存分に活用し、社会へ貢献したいです。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      自分の言葉でしっかり伝えられているか。
      臨機応変に対応できているか。

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      アイデアを提案する際に、長期的な目線や収益性までも考えることの大切さ。どれだけ発想力に優れていて斬新なアイデアが思いついたとしても机上の空論になってしまうかもしれない。そうならないためにはより現実的な思考力も必要。

  • 大学:横浜国立大学大学院 / 性別:男性 / 文理:理系
    2020年10月中旬
    東京都
    1日間
    • ES設問:これまでの経験で得た能力や知識を、アサヒ飲料の仕事でどう活かしたいですか?(全角400文字以内)

      私が貴社の仕事で1番活かせるポイントは美味しさを基準化する事だと考えております。具体的には貴社の既にある味覚センサーで得られた情報と色のシグナルを結びつけることです。例えば、ある食べ物の甘み、苦み等の5つの基本味をそれぞれの色で表現すると、それらを組み合わせた色がその食べ物の色になります。その色を基準に同じ味の食べ物を作る際には先ほどと同じ色になるようにそれぞれの5つの基本味の色情報から調整すれば良いという訳です。もしこれが可能になれば、目的の味を作る際に色をイメージして味を調整するので、味を調整できる人が大幅に増加することができ、味を色で可視化する事も可能になると考えております。これに私が現在大学の研究室で取り組んできた、汚れを色情報から数値化して洗浄性を評価する経験を活かして尽力できたらと考えております。これにより少しでも貴社の商品開発に貢献出来たらと考えております。

    • GDグループディスカッションの内容・流れ

      30分ほど上記のテーマについてひたすら6人グループで話し合い、最終的に結論を出した。そして、その後は面接官の人がグループの1人を指名し、グループ内の意見を発表する。この時の指名は完全にランダムで行われるために、全員が回答を準備する必要がある。

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      グループディスカッションの話ですが、やはりグループの意見をまとめる人が重宝されているようでした。ESを通過している人たちなので、皆さんアイディアなどを積極的に出すのですが、自分のグループではその意見をまとめることにとても苦労しました。積極的な人が多ければ多いほどアイディアはたくさん出るために、それを以下にまとめていくかが大きく評価につながると思います。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:非表示
    2019年12月中旬
    東京都
    1日間
    • 個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加後に社員や人事からどのような連絡がありましたか?

      他のインターンの応募資格など

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      食品業界と他業界の違いがわかった。特に、食品業界の製品はお客様の口に入るものであり、信用を無くしたらほぼ再起不能であるということを学び、それだけ注意して仕事に臨んで商品を作っているということがわかった。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      食品業界の営業職は足で稼ぐといったイメージがあったが、実際に社員さんと話してみると熱意はあるが体育会系出身ではないことがわかり勉強になった。会社の雰囲気は和やかなものであったがインターンのための雰囲気づくりのような気もした。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:非表示
    2019年12月中旬
    東京都
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      業界について深く知ることができた。食品飲料業界は人の生活に大きく関わる業界なので途中工程で些細なミスをしては一大事になるということを痛感した。そのため、品質を高めつつより良い商品を追求することなどの難しさが伝わった。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      会社説明や業界説明の際にはとても熱意を持って話していてくれたと感じる。また、営業職など体育会系の人が多いのだろうと思っていたらそこまででもなかったので安心した。全体的に柔らかい印象を受け暖かく迎えられた。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      選考がなかったので募集締め切りも早いと思います。参加を希望する人は日頃から会社ホームページなどを覗くことをおすすめします。また、食品業界について知ることができるので、他業界と比較できるよう他業界も見ておくといいと思います。

  • 大学:非表示 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2019年10月下旬
    茨城県
    3日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:これまでの経験で得た能力や知識を、アサヒ飲料の仕事でどう活かしたいですか?

      私が御社の仕事に活かしたいことは2つある。1つ目は味への探求心である。私は大学時代に飲食店でアルバイトを経験し、数十種類ものドリンクの味を覚えて客の要望や好みに合ったものを提供した。また、料理とドリンクの組み合わせ方や飲料の温度管理、提供の仕方を本格的に学んだ。私は御社の研究者として、飲料のおいしさの研究や、料理との組み合わせを考慮した製品開発に貢献したい。2つ目はチームに貢献する精神である。私は中高で○○部、大学では○○部と、これまでチームスポーツに励んできた。私はこれらの経験を通して、自身が結果を残すことよりも、チームで一つの目標に向かって努力し達成することが最もやりがいがあると知った。私は、自身がチームでどのような役割を果たせるかを常に考え行動するよう心掛けることで、研究開発プロジェクトを円滑に進めることに貢献したい。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      簡単に自己紹介
      どんな企業のインターンシップに参加したか。
      現時点でどのような軸で会社を選んでいるか。
      ESに基づいて研究概要の説明

    • GDグループディスカッションの内容・流れ

      45分で6人グループで話し合った。結論は出すが結論よりもディスカッション中のふるまいを見ているといっていて特に発表もなかった。
      その後、1人ずつESを見ながら1-2個質問をされた(5分くらい)。

  • 大学:東京工業大学大学院 / 性別:非表示 / 文理:理系
    2018年12月下旬
    東京都
    1日間
    • 個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加後に社員や人事からどのような連絡がありましたか?

      別のインターンや工場見学に関する案内のメールが来た。

    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      食品業界は、人の口に入るものを取り扱っているので、細心の注意を払って工場では作業を行っていること、品質を一定に保つための努力をしていることを知ることが出来ました。特にビールは味に変化が出ないようにするのが大変とのことでした。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      食品業界って体育会系な人が多い印象でしたが、そんな人ばかりではないことが分かり、ほっとしました。部署ごとのの色は感じるものの、みなさん暖かくフランクな方が多かったです。質問にもなんでも答えてくれました。

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:理系
    2018年12月中旬
    東京都
    5日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:今までの経験や知識を活かして、社会をどうよくしていきたいですか?(全角400文字以内)

      エンジニアとして、人々の食生活を豊かなものにしたいと考えています。私はアメフト部での活動を通じて、チームの現状を分析し、練習の質の向上、戦略の立案に取り組みました。その過程ではオフェンスリーダーとして、チームの練習、相手チームの試合データの分析を行い、常に論理的な解決策を講じてきました。そして、その解決策を周囲に働きかけながら実行に移していくことで、2年連続でリーグ優勝という結果に貢献しました。私はこの経験と大学で培った機械工学の知識を活かし、生産現場においても論理的に物事を進める同時に、周囲とのつながりを意識しながら、貴社の生産技術力の持続、ひいては向上に貢献していきたいと考えています。そして、高品質、高効率な生産活動を実現することで、安全で高品質な製品を社会に提供し、人々の豊かな食生活を実現したいと考えています。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      学生時代頑張ったこと
      志望動機

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      周りとの協調性と何気ないところに疑問を持ち、自分なりの意見を言える人が評価されていたように感じました

  • 大学:非表示 / 性別:女性 / 文理:理系
    2018年12月上旬
    兵庫県
    3日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:卒論・修論テーマの研究内容について専門外の人にもわかるようにまとめてください(600)

      学外秘のため割愛いたします。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      研究内容について
      インターンで何を学びたいか
      何故エンジニア職を選んだのか
      エンジニア職についてどれくらい知っているか

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      相手の立場にたって説明したり、何気ない会話をしたり、表情をつくったりすることができるか。簡潔に言うと人間性だと思います。会社はチームで協力するところだと何度も言われていたので、その協力体制を築くことができる人か、というのを見抜こうとしていたのではないかと思います。

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:文系
    2017年12月
    大阪府
    1日間
    • この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

      飲料業界の現状を理解し、それを踏まえた上でこの先どのような社会の位置付けにすればよいかと言うことを学ぶことができました。さらに、消費者がどのようなものを求めているかを考えるきっかけにもなったので良かったと思う。

    • 会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

      インターンシップの際、社員さんの対応は普通だと感じた。それも含めて、この会社の特徴や雰囲気を感じることができたので良かったと思う。経営の方向は自分に合っているのではないかと感じたので、発見ができ良かった。

    • この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

      飲料の業界に少しでも興味のある方はこの企業のインターンシップに参加して正解だと思います。課題など真剣に取り組むことで今後の就職活動に役立つことが多いと思うので、ぜひ頑張ってほしいと思います。また、同じ業界の会社を比較することも重要になってくると思います。

  • 大学:非表示 / 性別:男性 / 文理:理系
    2017年12月
    山梨県
    3日間
    交通費支給あり
    昼食支給あり
    • ES設問:卒論・修論の研究内容について専門外の人にもわかるようにまとめてください。
      研究テーマが未定の場合は、これから研究したいと考えているテーマについて教えてください。(全角600文字以内)

      ハイブリッド型磁気浮上型超電導免震装置の検討をしました。超電導は現在ではMRIや超電導リニアで実用化されています。その超電導の性質の1つに、磁石の上に超電導体を浮かせることが出来るピン止め効果があります。この性質を利用し、対象物を地面から浮かせて揺れから守る装置を磁気浮上型超電導免震装置と呼んでいます。
      現在の免震装置の課題は揺れる地上と免震装置が接触しているため、固有振動数を持ち、共振により被害が拡大する可能性があります。それに対して、超電導免震装置はピン止め効果を利用し、免震対象物が地上に対して浮いているため、揺れが伝わらず、かつ接触しないことにより共振も起きない性質を持ちます。実用化に向けた課題として、浮上層が地上層に対して浮き続けることが不可欠であり、荷重に耐える浮上方向の力が必要となります。力を増やす方法として、超電導バルク体の個数を増やすことが考えられますが、超電導バルク体は高価であるためコストが非常に高くなります。そこで比較的安い永久磁石同士を利用し、超電導のピン止め効果による力と永久磁石同士の反発力を合わせて利用するハイブリッド構造をとることで低コストでの浮上力改善を検討しています。
      卒業論文ではこのハイブリッド型超電導免震装置についてプログラムを作成し、解析により浮上力改善、システムの安定性についての検討を行いました。大学院では実験も併せて検討しています。

    • 面接面接で聞かれた質問事項

      どんな仕事をしたいか
      飲料工場のイメージ
      インターンシップで何を学びたいか

    • インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

      コミュニケーション能力と総合職としてのまとめる力,幅広い考え方だと思います。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】

閲覧されているコンテンツ

インターン体験記投稿キャンペーン
みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
楽天モバイル
ページトップへ