1. 就活日記トップ
  2. コンサル/シンクタンク
  3. PwCコンサルティング(旧:プライスウォーターハウスクーパース)
  4. インターン体験記
  5. 2023年卒
  6. 詳細

PwCコンサルティング(旧:プライスウォーターハウスクーパース) 2023年卒 夏インターン体験記(テクノロジーコンサルタント)_No.20234227

基本情報
2023年卒|大学名非公開|性別非公開|文理非公開
他企業でのインターン
KPMG,Arthur D. Little,KPMG,Deloitte,EY
2021年7月上旬
オンライン
1日間

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2021年5月上旬
あなたのこれまでの人生の中で、最大のチャレンジについて教えてください。

5年働いている◯◯で担当していた店舗で初めて製品保証加入率を法人ランキング1位にした事です。店舗の伸び代であった保証加入率を伸ばすと決めたとき、接客時間が伸びて生産性が落ちる、と懸念の声が上がりました。そこで保証をお客様に紹介するタイミングと説明の仕方に伸び代があると仮説を立て、2つアクションを行いました。日々の成功事例をメールで毎週共有し、また接客中保証内容を説明する資料を全員で作成しまし、一緒に作成することで改めて内容を確認をする機会にしました。その結果3ヶ月後店舗で初めて1位を記録できました。以上の経験から現状を分析し、相手の関心を理解しながら効果的に関与させることを学びました.

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

仮説思考で解決した経験を構造的な書き方、結論ファーストで記入した。複数の社員が大量のESをチェックするため一目で内容がわかりやすくするように心がけた。

筆記・WEBテスト

テストの種類 受験場所 詳細
玉手箱 自宅 -
WEBテスト・筆記試験でおすすめの解答テクニック

特になし。他の企業と同じような問題が出るため、知っている問題は記憶で解いて、知らない問題に取り組むことが大切だと感じる。

効果があったWEBテスト・筆記試験の勉強/対策方法

ひたすら他の企業の試験を受けることだと思う。体感として5企業受ければほぼ網羅できたと感じたため、早めにさまざまな企業の選考で練習することが大切だと思う。

GD

テーマ

IoTを使って便利になることとその理由

内容・流れ

30分間で5人でディスカッション。最後に1分ほど発表を行い軽いフィードバックをもらえる。

おすすめのテクニック

発言をできるだけするように心がければPwCは落ちないと思う。いわゆる地蔵を落とすためのネガティブチェックな意味合いが強いと社員が言っていた。

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

リーダーシップだと感じた。時間が少ない中でどうやってアウトプットを最大化できるか、それに向けてチームを引っ張れる人が評価高かったと思う。次の選考へは半分ぐらいの人数が進んでいたため、そこまで難易度は高くないと感じた。

インターン概要

開催時期 2021年7月上旬
開催期間 1日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 コンサルタント
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

ある企業のデジタルを用いた中長期戦戦略策定

内容

5人でグループを作成する。市場規模などはネットで自由に検索可能である。最終的にマネージャに向かって発表する機会が与えられ、順位がつく。短い時間の中でどう優先順位をつけて課題に取り組むかが求められる。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ

本選考進出

この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

自分の中ではISで担当してくださったメンターの方の影響が大きい。今まmで参加した他のISや選考ではFBで当たり障りのないことばかりだったが、この方はしっかりネガティブな話をしてくださり、その指摘をいただけただけでも参加した意味があるなと感じれた。そして仕事でこういったFBをいただける職場ならなんて素敵なんだろうと感じたため志望度が上がった。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ
一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

実際に参加している学生の学歴を聞いた。また私自身Big4と戦略コンサル両方とも経験していたため、レベル感については妥当な判断ができていると考える。文理問わず学生が参加していたが、テクノロジーの知見が求められるISのためキャッチアップ力がないとハンデになると考える。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

仕事は仕事と割り切っている方が多く、非常にドライな方が多いと感じた。総合コンサルあるあるだと思うが「やりたいことなかったからコンサル」という選択をされている方が多く、社員が持つ思いには魅力には感じなかった。しかしFBではかなり多角的な視点でいただくことができ、自身の成長につながる方向性をいただけた。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

インターンシップはPwCらしさを知るタイミングとして位置付けられている。そのためホームページでは確認できないような定性的な情報や社員さんが何を考えて仕事をしているのかを知ることができた。特に社員からいただけるフィードバックが的確で、仕事を始めてどのような成長を自分ができるのかが明確になれた。

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

時間マネージメントをどうするかを念頭において参加するといいと思います。逆算して何をいつまでに決めるべきか、もし決まらなさそうなら、自分が主導権を持って決定を下す必要があると思います。そしてそれをできるためのチーム内での関係値構築が大切だと感じます。

TOPICS PR

特別企画【PR】


閲覧されているコンテンツ

みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
ウクライナ人道危機 緊急支援募金
楽天モバイル
ページトップへ