1. 就活日記トップ
  2. 食品/水産/農林
  3. ネスレジャパングループ
  4. インターン体験記
  5. 2022年卒
  6. 詳細

ネスレジャパングループ 2022年卒 秋冬インターン体験記(事務系総合職)_No.20224096

基本情報
2022年卒|大学名非公開|女性|文系
他企業でのインターン
ロート製薬株式会社,住友林業株式会社,大広株式会社
2020年10月中旬
オンライン
2日間

選考情報

選考フロー

ES

提出締切時期 2020年8月下旬
下記は、武将・前田慶次が残した言葉と言われています。これは彼のある苦い体験と、ある成功体験に基づいているとします。その具体的体験を想像してみてください。
『たとえ万戸候たりとも、心にまかせぬ事あれば匹夫に同じ、出奔せん』
(意味:たとえ多くの領地をおさめるような立派な地位にいたとしても、思い通りに生きられないとしたら、それは身分の卑しい者と少しも変わりがない。ごめんこうむる。)

【苦い体験】
・慶次は代々続く武士の名家の出身として生まれた。兄弟はおらず、唯一の跡取りとして幼い頃から剣術や武術を教え込まれ、とても厳しく育てられた。そんな慶次は、武術よりも美術や句などを好む優しく穏やかな性格であった。そんな慶次はある日、一人で出かけた街で生まれて初めて芸者を見る。真っ白な肌、それに映える真っ赤な紅の美しさに、慶次はすっかり心を奪われた。その晩、こっそり母親のおしろいと口紅を手に取り、街で見た芸者を思い出し自分の顔に恐る恐る化粧を施してみた。そして鏡に映る自分の姿に慶次はあっと驚き、それから夜な夜な化粧をしては密かに楽しんでいた。気づけば、慶次にとって化粧は身分上長い間押し付けられてきた伝統や世間体から解き放たれ、自分の個性を表現する唯一の手段になっていた。そのうち、慶次は召使いや両親の目を掻い潜り、美しい化粧を施したまま外へ出かけるようになった。しかし、“化粧をした男がいる”などという噂はすぐに町中を駆け巡り、一家で最も厳しい父の耳にも入ってしまった。そして、帰ってきた慶次を見ては「そんな情けない姿で出歩くとは、どういうつもりなのか。誇り高き前田の名を汚すな。」と言い捨て、慶次がどこへ行くのも何をするのも常に見張りをつけられてしまった。すっかり自由を奪われてしまった慶次は、身分上付きまとう世間体や伝統というものが足かせになり、自由に生きられないと感じるようになった。

エントリーシート記入時に注意した点やアドバイス

特殊な問題形式だったため、その中でも自分のこれまでの経験から培った価値観や、オリジナリティを出せるように注意した。

面接

参加者 面接官:1名 学生:1名
面接時間 30分
難易度 難しい
雰囲気 普通
面接で聞かれた質問事項

自動車免許の有無、これから取るかどうか,なぜネスレか,ネスレに入ってどのようなキャリアプランを描いているか,学生時代に力を入れたこと

逆質問の機会はありましたか?
はい
いいえ

実際に働いていて感じたネスレの良いところ

選考を振り返って

インターン選考で重視されていた点はどこだと思いましたか?

人柄、自分自身のやりたいことの軸をもっているかどうか

効果があったなと思う面接の練習方法

さまざまなタイプの面接を受けてみること、また反省点を振り返ってまとめてみて試行錯誤の繰り返し。自分でビデオを撮って他人目線での自分を客観視する。

面接指導官に言われた、または自分で編み出したおすすめの面接テクニック

面接官にフィードバックを積極的に求める

インターン概要

開催時期 2020年10月中旬
開催期間 2日間
開催エリア オンライン
開催場所 オンライン
このインターンで学べた業務内容 企画
給与は発生しましたか?
はい
いいえ
昼食費は支給されましたか?
はい
いいえ
交通費は支給されましたか?
はい
いいえ
インターン内で残業はしましたか?(自主的な追加の準備工数含む)
はい
いいえ

インターンシップの内容

テーマ

ネスレ日本の持つ価値によってイノベーションを起こすような新規事業立案

内容

1日目は個人ワークでネスレの持つ資産や価値、また新規事業のアイデアを考えてワークシートに書き出した。2日目は、それを元にグループで共有し、グループで一つの案を選出。それをブラッシュアップして、チーム対抗でプレゼンを行った。

その場での内定や本選考での1次選考免除など、インターン参加学生だけの優遇はありそうでしたか?
はい
いいえ

インターンシップが本選考の選考フローの1つでした。

この企業に対する志望度は上がりましたか?
とても上がった
上がった
変化なし
下がった
とても下がった

同じくインターンに参加している学生のレベルが非常に高く,グループワークを通してこのように切磋琢磨できる仲間とともに働ける環境という意味で魅力に感じた。

個別面談/OBOG紹介/交流会など、インターン参加者に社員や人事から連絡はありましたか?
はい
いいえ

フォロー面談の案内がありました。

一緒に取り組んだ学生のレベルはいかがでしたか?
かなり高い
高い
普通
低い
かなり低い

傾聴と主張のどちらもできる学生が多く、グループワークの質が高く感じた。衝突するというよりも、お互いの意見を聞き入れ,協働するという姿勢が強く感じられた。

会社・社員の雰囲気や対応はいかがでしたか?

グループワークに常に社員さんがついているわけではなかったが、巡回して社員さんがグループに顔を出していた。そこではちゃんと評価されている感覚があり,複数の社員さんによって多角的に評価されていると言う印象。

この企業のインターンを通して学んだことを教えてください

企業が求める人材と,そこに集まってくる学生のギャップが少なく、自分が率直にどんな雰囲気で働きたいと思っているのかを明確に知ることができた。また,新規事業の立案においてもネスレの資産をふかぼることで、ネスレにしかできない事を考える考え方を身につけることができた

この企業のインターンを受ける後輩にアドバイスをお願いします

それぞれの個性も非常に重視されている会社だと思うので,あまり就活という型にはまりすぎず、自分らしさを自然体で出すと言うことをお勧めします。また、他の学生からも良い刺激をもらって、自信をなくすのではなく活力にして欲しいです。

閲覧履歴(掲示板)

TOPICS PR

特別企画【PR】

閲覧されているコンテンツ

インターン体験記投稿キャンペーン
みん就スカウト
ITナビ
キャリマガ
みんなのキャンパス
楽天モバイル
ページトップへ