IT企業特集

株式会社NTTデータアイ

株式会社NTTデータアイ

東京からICTで。
公共専門のシステムインテグレータ


当たり前の日常が、明日も当たり前であるために

航空、自動車、貿易物流、知的財産、社会保障、医療、税・公会計… NTTデータアイは約30年に渡って社会情報システムの構築に携わり、ICTの立場から社会生活を見つめ支えてきました。官公庁・自治体・独立行政法人・医療機関などの各種業務をシステムの力で発展させていく。その規模と責任、社会的な影響力は想像以上です。公共分野のシステム開発を担うプロフェッショナルとして、豊かな日常を支える「しくみ」を提供していきます。


サポートの中で安心して成長できる

私が現在担当しているのは、行政向けの財務会計システムです。就職活動中は事業規模、業界の発展性を会社選びの軸にしていましたが、文系で技術面に自信がなかったこともあり、社員教育などのキャリアサポートが充実しているかも重視しました。
データアイの研修は入社時だけでなく、若手向けに必修として用意されているテクニカル研修や、キャリアに応じたヒューマンスキル研修など、生涯にわたって成長していける設計になっているところが頼もしく感じました。また、周りの先輩も常に気にかけてくれるので、困ったときには相談し易く安心して仕事に打ち込むことが出来ています。
将来は先輩たちのようにリーダーとしてチームを動かせるようになりたいので、まずは信頼を積み重ねることを意識して、一つひとつの仕事にしっかりと自分なりの考えを持って取り組んでいきたいと思っています。
(横川 彩花)


「やってみたい」を後押ししてくれる

私も横川と同じ職場で、財務会計システムを担当しています。現在は、これまで開発に携わってきたシステムをお客様に提供していくフェーズに入っており、リーダーとしてマネジメントをしています。
リーダーを任された当初はスキルや経験が足りない部分もあり、当たり前ですが順風満帆とはいきませんでした。けれど重要な役割を任されることで初めて見えてくることがあって、大きく成長するきっかけとなりました。もちろん、上司や先輩はその過程をしっかりサポートしてくれます。
日ごろ気をつけているのは、お願いの仕方ですね。相手の立場やどんな思いで仕事をしているか考えながらチームを運営しています。これは上司の姿を見て意識したポイントなんです。大規模なシステムを扱うことが多いので、ステークホルダーとのコミュニケーションは本当に大切だと日々実感しています。
(福見 由夏)


社員プロフィール

横川 彩花(よこかわ あやか/入社3年目)

第四事業部 第一開発担当

大学ではトランペット演奏者としてオーケストラ部で副団長を務めていた。「良い演奏をするためには人との信頼関係を築くことが一番大切」。そのスタンスはチームで仕事をする今も変わらない。

学生へのメッセージ就活で会社を見るときは、その会社の「人」が自分に合うか、心地よいと感じられるか、働くイメージを膨らませてみてください。会社から選ばれるのではなく自分で会社を選ぶ気持ちで取り組んだ経験は、入社後もよい結果につながると思っています。

福見 由夏(ふくみ ゆか/入社7年目)

第四事業部 第一開発担当 主任

IT系のアルバイトがきっかけでSEに興味を持ち、フィールドの幅広さに魅かれて入社。横川のOJTトレーナーを担当した。学生時代から変わらずイチから物事を作り上げるのが好きで、時折垣間見える意志の強さは父親ゆずり。今年はボディボードに挑戦するなど、プライベートでもアクティブだ。

学生へのメッセージ「ICTでもっと色々なことが実現できる」それを知ってほしい。たくさんの人の意志を汲み取りながら、それぞれのコードにも意味が込められて1つのシステムという形になっていきます。機械的なイメージを持たれがちですが、とても人間味のある仕事なんですよ。

採用情報・詳細はコチラ >