企業研究や情報交換ができる26,000社のクチコミ就職サイト

みん就(みんなの就職活動日記)

ユーザー登録すると、有名企業内定者 約13万5000人の体験記を読むことができます
みん就(みんなの就職活動日記) - 就活・新卒採用のクチコミサイト

【PR企画】伊澤諒太のモバイル活用術

伊澤諒太のモバイル活用術 内定をつかむ人のソーシャル&モバイルスキル

第1弾 情報収集編 第2弾 情報整理編 第3弾 就活実践編
第1弾 情報収集編 対談 伊澤諒太氏x田宮寛之氏

日本最大級のキャリア支援学生団体「しゅうかついったー」を運営する伊澤諒太氏と、東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之氏が、就職活動真っ只中の就活生へ、スマートフォンを活用した就活術と経済視点でのノウハウを伝授します。

スマートフォン就活術のプロ×「会社四季報」のプロ

情報収集、情報整理が就活の決め手

伊澤諒太氏

伊澤諒太氏(以下、伊澤): 「しゅうかついったー」という就活支援団体を運営し、普段は大学の非常勤講師としてスマホ講座などを行なっていますが、今日は就活生の定番ツール「会社四季報」を発行する東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之氏をお迎えし、スマートフォンを活用しての就活ノウハウから企業分析までをご紹介します。

このシーズンから就職系ナビゲーションサイトの情報が何倍も増えていきます。その時、情報収集・整理のノウハウを身につけておくことが重要になります。例えば、注目していた企業の説明会の機会を見逃したり、企業からの連絡を受けるチャンスを逸してしまったり。就活は一生を左右する大事なイベントなのに、そんなつまらないことは避けたいですよね。そこで、スマートフォンやソーシャルメディアを活用し、防いでいこうというのが、今回の目的のひとつです。

田宮寛之氏と就活生

「会社四季報」で客観的な企業分析を

伊澤: ところで皆さん、企業分析ってどうしてますか?
知りたい企業の情報はネットで検索すれば何かしら出てくるでしょう。しかしその情報が本当に信頼できるものなのか?、企業からのピュアなメッセージなのか?、判断するのは皆さん自身です。客観的な情報を知るためには、自分で判断するスキルが必要になってきます。今日は、「会社四季報」を使っていかに分析していくかを田宮さんよりご紹介いただきます。

田宮寛之氏(以下、田宮氏): 皆さん大学でキャリアセンターに行くと四季報を目にすることがあるかと思います。 専門用語が多くてなかなか読む気がしないものです。今日は、会社四季報の見方の中で、大事なことを 5つに絞って、ご紹介します。これだけでも、かなり会社のことが良くわかるようになると思います。

右図は四季報の掲載パターンのひとつです。まず、ここでチェックするのは「売上高」。基本的に売上が、年を追うごとに増加傾向にある会社は将来性がある会社と言えます。そして売上高の隣にあるのが「営業利益」。営業利益とは、本業でどれだけ稼いだか?というものです。会社というのは、例えば、自分が持っている工場を売るとか、自分が持っている資産を売って金を稼ぐということもします。それは本業じゃないですよね。そういったものも利益に違いありませんが、あまり考慮しても意味がありません。例えば靴屋さんが靴を売ってどれだけの利益が上がったのか?会社の将来性を判断する時、本業でどれだけ利益が上がったのかということが重要になります。

次に「平均年齢」「平均年収」を見てみます。これは同業他社と比較してください。年収というのは会社の強さを表します。やはり会社が儲かっていればそれだけ従業員にお金を払うことができると。それからいかに従業員のことを思っているか、ですね。たまに業績はいいにもかかわらず年収が低いという会社もありますので、それはあまり会社として従業員のことを思ってないということが想像できます。

「株主持ち分比率」もチェックポイントのひとつです。株主持ち分比率は数字が大きい方がいい。この数字が大きいということは、借金が少ないということを意味します。せっかく稼いでも、利益をあげても借金していたら金利でとられてしまうし、お金はいつか返さなければいけない。なので借金は少ない方がいい。これも業界ごとに見比べてみる必要があります。

数字を見るだけでもこれだけのことが想像できますので、自分で仮説を立てて、仮説を検証するために会社の説明会に参加したりOB・OG訪問するなど、会社四季報をそのように活用するといいと思います。

スマートフォンの活用講座 -スマートフォンとSNSは就活の武器!

伊澤:四季報の分析データも読みつつ、自分の志望企業・志望業界の最新ニュースを仕入れる必要があります。
自分の志望企業の最新ニュースは、知らないと面接で痛い目に遭いますからもちろんチェック。
今回はスマートフォンとSNSを活用し、情報収集・情報整理をするノウハウを伝授したいと思います。

まず、なぜSNSで情報収集をする必要があるのか?というと、口コミだとかリアルタイムの生の情報が溢れているから。
もう一つ、実はいろんな昨年度の内定者の話を聞いてるんですけれど、SNSでしか告知されない方法というものもどんどん増えてきているんですね。

SNSの活用でチャンスが膨らむことも!

Facebook 画面

例えばFacebookの場合、就職ナビゲーションサイトでは募集が終了しているのに、対応するFacebookのページ限定で一週間だけエントリーシートを募集!とか、Facebookを使っている学生の中で何人採用しますといった「Facebook採用枠」みたいなものをやっていたり。
あとFacebookのプロフィールを見て、即日企業の担当者から連絡が来たといった内定者の先輩もいます。SNSを活用することで、本来得られないはずの情報が得られる可能性もある、ということなんですね。

スマートフォン×Facebook活用で情報収集・情報整理のプロを目指そう!

Facebookでの情報収集で基本となるのが、興味のある業界を検索し、気になった企業のFacebookページにいいねを押していくという、単純なこと。すると企業の情報は、自分のFacebookのアカウントに通知されていきますね。スマホを使えば、ポップアップで通知が来て、いち早く情報を得ることができます。しかし、いろんなFacebookページにいいねを押していくと、バラバラに情報が来たり、例えば会社説明会の案内など、告知された瞬間に席が埋まってしまうこともあります。そんな時、常に確認できない情報を自動で収集できたら便利ですよね。

その方法として、皆さんツイッターもあわせて使っていると思うんですけど、ツイッターで「リスト機能」がありますよね。あれは、実はFacebookにもあるんですよ(図1)。業界別に分けてFacebookページをどんどん作っていくと、例えば「生命保険」の業界のFacebookで出している情報が、一覧でリスト表示できるようになります。

リストの中に入っているFacebookページが更新された瞬間に、一番志望度の高い業界だけ、スマホに通知がくるように設定したりとかもできるのでかなり便利です。

受ける企業が多くなればなるほど、いろんな業界の情報を得ることになりますので、業界ごとにリストを作ってチェックしていくというようなことが必要になってくると思います。

グーグルアラート 画面

グーグルのツールで、情報をいち早くキャッチ

また、世に流れてるニュースをスマホとPCに自動で収集する「グーグルアラート」(図2)も就活に役立つツールのひとつ。
例えば自分の志望業界のA商事の情報が知りたい!そんな時、グーグルアラートで「A商事」と検索。するとネットで配信されているA商事のニュースが全部表示されます。「アラートの作成」をしておけば、A商事にまつわるニュースが流れた瞬間に、設定した自分のメールアドレスに通知もしてくれます。

似ていますが「グーグルリーダー」という同じく自動でニュースを取得できるツールがあります。グーグルアラートと違って、例えば自分がブックマークしているサイトが更新したら、お知らせしてくれるというものです。就活向けのサイトが更新されたら、いち早く知ることができますね。

そのほかに、スマホの情報収集ツールとして、「i コンシェル」というツールがあります(図3)。例えば自分が渋谷にいれば、渋谷周辺の 電車遅延情報などをお知らせしてくれたりなど、現在地に合わせて自動的に欲しい情報が届くといったものです。ドコモユーザじゃないと 使えないサービスではありますが、面接や説明会に足を運ぶ時にも使えますし、日常でもすごく便利なツールです。

i コンシェル 画面

通信速度も重要!効率的な情報収取スキルを身につけよう

情報は日々更新され、日々追いかけていく必要があります。企業情報を得ているつもりでも、それが最新のものでなければ就活には何の役にも立ちません。スマホで情報をすばやく取得するためには、「通信速度も重要」になってきます。

データ通信速度(満足・やや満足と回答した人の割合)ドコモ(37%)au(37%)ソフトバンク(26%) もっとスマホ分析!詳しくはこちら

通信速度の満足度は、ドコモ、auが高いようですね。情報収集に限らず、就活では会社説明会の動画を見たり、就活アプリで対策したりなど、受信速度の速いスマホが勝負の決め手になります。また実際に、就活を終えた卒業生へのアンケートで、就活中にスマホでイライラした原因の第2位に、「通信速度の遅さ」といった統計があるようです(※1)。

もし、これから就活に適したスマホ探しを検討している人がいたら、通信速度の速さ・電波状況の良さに注目して、探してみるといいですね。スピーディーに、スマートに!効率的な情報収集スキルを身につけて、就活勝ち組を目指しましょう。

就活に限らず、社会に出てからも情報にまつわるノウハウを高めることは必要になってきます。それは、自分で判断する能力を磨くことに必ずつながります。そのためにも、スマホやソーシャルメディアをフル活用してみてください。

(※1)みんなの就職活動日記/楽天リサーチ調べ

参加した就活生の声

  • スマホでは普段メールしか使ってなかった。これからもっと活用していきたいです!
    (志望業界:食品メーカー)

  • 知らないツールばかりで新鮮でした。四季報の見方もわかり、これから就活が効率よくできそうです。
    (志望業界:検討中)

  • スマホがここまで活用できるとは思わなかった!ニュース系のツールは早速使ってみたいです。
    (志望業界:マスコミ)

  • 四季報で企業分析は考えたこともなく、新鮮でした。企業からの情報収集に力を入れることができそうです。
    (志望業界:建設・不動産)

  • グーグルアラートに興味を持ちました。普段スマホをいかに活用してなかったか…就活に今後活かしていきたいと思います!
    (志望業界:検討中)

  • 普段はFacebookやツイッターで情報収集してましたが、スマホがこんなに活用できるんですね!
    (志望業界:外資系メーカー)

  • スマホを活用してたつもりでしたが情報整理されてなかったことに気が付きました。四季報の使い方も勉強になりました。
    (志望業界:金融、化粧品)

  • これから業界研究や就活を本格化していくにあたり、本当に役立つ情報ばかりでした。今日を機に、賢く情報収集できそう。頑張ります!
    (志望業界:消費財メーカー)

  • 業界研究の具体的な方法やスマホの実践的な情報を得ることができました。効率よく活用していきたいと思います。
    (志望業界:金融)

  • 四季報は普段みていましたが、注目すべきポイントが分って参考になりました。スマホを活用しながら就活に活かしていきたいですね。
    (志望業界:製薬)

人気企業の人事担当者から

渡部 智彦氏

応援コメント

JR東海(東海旅客鉄道株式会社)
人事部人事課 渡部 智彦氏

就職活動において重要なことは、自分を知ること、そして会社(世の中)を知ることです。スマートフォンは、特に後者のための、有用なツールのひとつになると思います。就職活動は、点数で数値化された勉強とは異なり、戸惑う部分もあると思いますが、さまざまなツールの中から自分に合ったものを取捨選択して、まずは前向きに臨むことが重要です。頑張ってください!

大橋氏

応援コメント

エイベックス・グループ・ホールディングス
新卒採用担当 大橋 甫氏

皆さん、こんにちは。スケジュール管理やメールチェックなどスマホも就活にとって大活躍だと思いますが、ちょっと移動の合間に音楽を聴いたり動画を見たり・・。そんな息抜きのアイテムとしても是非活用してくださいね!就職活動は皆さんにとって初めての体験です。不安や苦労もたくさんあると思いますが、焦らずじっくり取り組んでください。みなさんの就活の成功を願ってます!!


楽天×FCバルセロナ 特設ページ