企業研究や情報交換ができる26,000社のクチコミ就職サイト

みん就(みんなの就職活動日記)

IT業界【トップ・エグゼクティブインタビュー企画】~企業が求める人材とは~

プロフィール

NTTコミュニケーションズ
NTTコミュニケーションズ株式会社 (会社概要はこちら)
ヒューマンリソース部長・総務部長 東(ひがし) 明彦 様

1960年、岐阜県生まれ
日本電信電話株式会社 相互接続推進部にて通信キャリアネットワーク接続を担当。 1999年NTT再編後にNTTコミュニケーションズ株式会社にて経営企画部、第二法人営業本部、 法務考査部を経て2010年より現職。


 

競合優位性、市場での位置など、貴社現在の御状況について教えてください。

通信業者の強みを活かし、サービスのグローバルシームレス化を加速中

NTTコミュニケーションズ  NTTコミュニケーションズは1999年の設立以来、ICTサービスを通じて豊かで快適な生活の実現に貢献することをミッションとし、日本の情報通信業界のリーディングカンパニーとして成長を続けてきました。  しかし、当社や当社を取り巻く情報通信業界は決して安定期にあるわけではありません。むしろ、劇的な技術革新に伴って「クラウド化」、「グローバル化」、「スマートフォン化」が加速し、ICTサービスのビジネスモデル自体が大きく変わる変革期の渦中にあります。私たちは、この変革期をまたとないビジネスチャンスとして捉え、すでに様々な新しい取り組みを始めています。

 具体的な新規事業の例としては、トータルICTアウトソーシングのグローバル展開が挙げられます。これは2011年秋に策定した「グローバルクラウドビジョン」の一環として始まったもので、ネットワーク/データセンターからクラウド/アプリケーションまでをエンド・エンドかつワンストップで提供するという通信事業者ならではのサービスです。また2012年3月には新たなパブリッククラウドサービスである「Cloudn」をスタート、6月には世界初の仮想ネットワーク技術を採用した新プライベートクラウドサービスの提供を開始しました。

 こういった新規事業においても、国内外を問わず高品質・高信頼なインフラに載ったクラウドサービスをグローバルシームレスに提供できる点は、当社の大きな強みとなっています。


貴社の3年後のビジョンや事業戦略について教えてください。

全世界のお客様に選ばれる“Global ICT Partner”を目指す

NTTコミュニケーションズ  NTT Comグループでは2011年、変革の時代を勝ち抜くための新たな事業ビジョン「ビジョン2015」を策定しました。本ビジョンでは、「Global ICT Partner」をスローガンに、より一層のグローバル化や新規事業開拓を推進して事業構造自体を抜本的に転換します。具体的な数字目標としては、2015年度に連結収益1.5兆円以上、グローバル売上高2倍以上を掲げました。決して容易に達成できる目標ではありませんが、【Innovative】 【Reliable】 【Seamless】 をキーワードに、お客様第一の視点でスピードと勇気を持って変革を推し進めていきます。そしてキーワード通り、革新的で信頼性の高い、グローバルシームレスなICTサービスを提供できる真のグローバルリーディングプレイヤーとして、世界中のお客様から選ばれる企業を目指します。

 「ビジョン2015」の実現に欠かせないのは、インフラと人材のグローバル化です。具体的にはサービスを支えるインフラとしてグローバルデータセンターやグローバルネットワークの拡充に精力的に取り組んでいます。特にアジアでは複数のデータセンターへの投資を行い、シンガポール・香港~東京~アメリカを結ぶクラウド基盤の構築に着手しています。またインド、オーストラリア、英国のデータセンター事業者をそれぞれ買収し、データセンター関連サービスの提供能力を強化、海外で非日系企業のお客様にも対応できる体制を着々と整えつつあります。

 人材面では、グローバルで活躍できる人材の育成・活用に努め、「プロフェッショナル人材育成」の取り組みを強化しています。特に新入社員については、海外派遣プログラムの大幅拡充を実施しており、2012年度は70名の派遣を予定しています。

今後貴社で活躍できる人材像(新卒対象)。

能動的に行動できる「とんがり人材」を求む

NTTコミュニケーションズ  2013年度の新卒採用のコンセプトには「変えていけ、すべてを」を掲げました。この言葉通り、私たちが求めるのは“変える力”を持った人材です。先述の通り、変革期の真っただ中にあるICT業界で生き残るために、当社は今、自らをも変革していかなくてはなりません。ゆえに私たちは、自ら変化を求め、変化を前向きに楽しめる人材を必要としているのです。

 同時に目的達成意欲や向上心が強く、自ら能動的に動ける人を求めます。つまり、自分の夢を心に持ち続け、周囲に流されず、主体的に行動するタイプの人材に来ていただきたいのです。私はそういう人材を「とんがり人材」と呼び、大切にしています。

 そして入社後は専門性の高いスペシャリストを目指していただきたい。当社はプロフェッショナル集団ですから、すべての社員に社外でも通用する専門家としての役割が求められるのです。特に若手社員には早く実践的なビジネススキルを身につけてもらい、自分の専門を見出し伸ばしてほしいと考えています。

 私個人としては、若手に求める最大の要素は「ガッツがあること」ですね。変革の時代ゆえに困難も多いですが、チャンスも多い時代です。このタイミングで社会に出ることをむしろラッキーだと捉えるようなガッツあふれる人材との出会いを楽しみにしています。(談)



  • 楽天を装った不審なメールにご注意ください
  • 楽天×FCバルセロナ 特設ページ