企業研究や情報交換ができる26,000社のクチコミ就職サイト

みん就(みんなの就職活動日記)

ユーザー登録すると、有名企業内定者 約13万5000人の体験記を読むことができます

みんなの就職活動日記 > できると思わせるメールの書き方

メールの大切さ

メールは企業とのコミュニケーション

できると思わせるメールの書き方あなたは就職活動におけるメールというツールの大切さに気づいているでしょうか?

就職活動において、企業の方とのやり取りにメールを使う場面は非常に多いです。
例えば、企業の資料請求や会社訪問のアポイントメントはもちろん、訪問後のお礼や選考中の各種連絡など、その用途は様々です。

たかがメールと思ってしまうかもしれませんが実はその全てにおいて、あなたは“企業とコミュニケーションをとっている”のです。

コミュニケーション能力は就職活動において最も重要視されています。

実際、メールの書き方一つでであなたの印象は大きく変わります。

このページでは就職活動中に企業の人事に「こいつはできる!」と思わせる正しいメールの書き方をご紹介していきたいと思います。

>>メールの書き方のサンプルはこちら


正しいメールの書き方

メールの書き方ひとつであなたの就職活動が変わります

電子メールには内容に関わらず、絶対に欠かせないルールが存在します。
これから正しいメールの書き方を順を追って説明していきます。

【1】メールのタイトル
 (1) 所属、名前を入れる
 (2) 本文の内容が分かるよう簡潔なタイトルをつける
    例)【○○大学:山田です】本日はありがとうございました

【2】メールの本文
 (1) メールの相手の所属、名前を明記する
      ⇒一つのアドレスを部署の中で共有している場合があるので、
        誰宛のメールなのかしっかりと書きましょう。
 (2) 自分の所属 (大学や学部etc…)と名前を明記する
 (3) あいさつをする (お疲れ様です、ありがとうございましたetc…)
 (4) 最後に署名をつける (※署名に必要な要素は後半を参照してください)
 (5) メール全体を通し、機種依存文字を使わないようにする
      ⇒文字化けの危険があります。半角カタカナも使わないほうが良いでしょう。
 (6) メール全体を通し、一行を40字前後で適度に改行を行う。
      ⇒一行の字数が多いと、正しい書き方をしたつもりでも
        メールソフトが勝手なところで改行してしまいます。

【3】メールの署名
 (1) 本文内で用件との境目が分かるように、------------のような仕切りを書く
      ⇒メールソフトによっては自動で仕切りを作成してくれます
 (2) 所属、名前、連絡先は必ず書く

以上のような書き方をすれば、メールがあなたの就職活動の武器になりますよ!

>>メールの書き方のサンプルはこちら


twitter ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarksに追加 Yahoo!ブックマークに追加する ライブドアクリップに追加する

みんなの就職活動日記 > できると思わせるメールの書き方



楽天×FCバルセロナ 特設ページ