「社会人基礎力」とは

「社会人基礎力」とは、経済産業省よって「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事を行っていく上で必要な基礎的な能力」(「社会人基礎力」)を定義された「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力。

社会人基礎力を構成する3つの能力
参考1:社会人基礎力を構成する3つの能力
1 「前に踏み出す力」(アクション)」
〜一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力〜
実社会の仕事において、答えは一つに決まっておらず、試行錯誤しながら、失敗を恐れず、自ら、一歩前に踏み出す行動が求められる。失敗しても、他者と協力しながら、粘り強く取り組むことが求められる。

2 「考え抜く力」(シンキング)」
〜疑問を持ち、考え抜く力〜
物事を改善していくためには、常に問題意識を持ち課題を発見することが求められる。その上で、その課題を解決するための方法やプロセスについて十分に納得いくまで考え抜くことが必要である。

3 「チームで働く力」(チームワーク)
〜多様な人とともに、目標に向けて協力する力〜
職場や地域社会等では、仕事の専門化や細分化が進展しており、個人として、また組織としての付加価値を創り出すためには、多様な人との協働が求められる。自分の意見を的確に伝え、意見や立場の異なるメンバーも尊重した上で、目標に向けともに協力することが必要である。

前に踏み出す力(アクション)
考え抜く力(シンキング)
チームで働く力(チームワーク)

Copyright(C)1997-2009 Rakuten, Inc. All rights reserved.