就活日記 > インターンシップ  > 知っておきたいインターンシップ

知っておきたいインターンシップ 知っておきたいインターンシップ がんばる就活生

なぜインターンシップが必要なのか?そんな疑問をお持ちの就活生の皆さんへ、知っておいて頂きたいことをお伝えします。就職活動への第一歩として、ぜひ役立ててください。

インターンシップって何?

インターンシップとは何か?を知るためには、まず働くとは何か?ということを理解しなければなりません。
「学生から社会人へ」。これを遂げるのが、就職活動。では、学生と社会人の一番の違いは何だかわかるかな?
うーん、責任の大きさとか、アルバイトよりもたくさんお金をもらえるとか。。。
それも確かに、社会人ならではだね。この質問に正解は無いのだけれど、「就活」という点で一番大きなことは、「サービスを受ける側」から「サービスを提供する側」に変わるということかな。
就活生のみなさんはついつい、消費者側として「ここはイケてる、イケてない」だとか「知ってる、知らない」「大きい、小さい」で会社を判断しがち。
もちろん、そういうことも必要なことだけど、「サービスを提供する側」として本当に大切なことは、「自分だったら、どうするかな」と、どれだけこだわりや熱い想いを持ってその仕事に接することができるかどうかなんだ。
「おもしろそう!やってみたい!」とここから思えるものを見つけることが、就職活動の第一歩なんだよ。
なるほど。
確かに、「その仕事がやりたい」って強く思えれば、志望動機を書くのも苦労しないだろうし、自己PRもその仕事をする上で自分がアピールできることを話せばいいんですもんね。
有名企業に入っても、大好きな商品に関わることができても、その仕事がおもしろいと思えなかったら、社会人生活は我慢の連続になってしまうんだ。
そう言われてみると、大手に内定を決めた先輩は、自分がこれからやる仕事を熱く語っていた気がします(笑)。
でも、頭ではわかっていても、どうやったら自分の「おもしろそう!やってみたい!」が見つかるんですかね?
うん、日常生活で見ることができる仕事はごく一部だからね。
それを見つけるには「社会に飛び込んでみる」。
これしか無いのだよ。
だから、インターンシップが重要なんだ。
百聞は一見に如かず。
実際に働いている人の横で、どんなところにこだわり、何を考えながら日々生活しているのか?その仕事で活躍している人って、どんな人なのか?企業ってどんなものなのか?を目で見て、肌で感じることでしか得られないものはたくさんある。
実際、みん就に集まった先輩たちの感想でも、「視野が広がった」「社会人と自分の現時点での差を知ることができた」「日常生活でおこる色々なことを、自分だったらどうするかという風に考えられるようになった」などの意見がたくさんあるから、後で参考にしてみるといいよ。
実際にインターンシップで仕事を体験した企業に入社するしないは別としても、「自分が働く上での軸ができる」というのが先輩たちの一番の収穫のようだね。
「みんなのインターンシップ」で、先輩たちの感想をあとから見てみます。
企業面接が始まる時期に入ってからホームページや説明会で一生懸命探す人と、夏の時点で実体験を持って知っている人。
どちらが有利かは一目瞭然だよね。
インターンシップ、成長できて楽しそうだし、絶対にやってみます!